交通事故での病院や整形外科(医療機関)と接骨院の上手な通院方法

交通事故での病院や整形外科(医療機関)と接骨院の上手な通院方法

めいほく接骨院 総括院長

整形外科クリニックと接骨院が違うのはなんとなくわかるけれど、どこがどう違うかといわれるとはっきり分からないという方も多いのではないでしょうか?

整形外科クリニックというのは接骨院とは違って、症状の診断ができ、処方薬を出したり注射が出来たりします。症状の診断をする際にレントゲンが主に用いられますが、レントゲンには骨が折れている場合は写るのですが、神経の損傷や筋肉のダメージに関してはほとんどわかりません。

交通事故によるけがの症状でよくみられるむち打ち症は基本的には筋肉や神経へのダメージがからくるため、レントゲンを撮った際に「異常ありません。様子をみましょう。」という診断になり、湿布と痛み止めだけの処方で体調がよくないということになってしまうのです。しかし、実際には神経や筋肉に損傷があるため、いつまでも優れない体調のまま悶々とすごすことになったり、時間が経って後遺症が残ってしまうという残念な結果になってしまいます。

接骨院は病院ではないのですが、厚生労働省から認可を受けて治療を行います。筋肉、骨、神経のバランスを整えていくという治療です。レントゲン検査では原因不明だったむち打ちなどの症状は、背骨の歪みやずれが原因で痛みが出ていたりする場合があります。名古屋市東区・北区のめいほく接骨院で背骨や骨盤のバランスを整えながら元気な身体へと戻していきましょう。

名古屋市東区・北区のめいほく接骨院・整体院は、整形外科クリニックとも連携を取り合いながら通院できます。

接骨院と医療機関の上手な併用方法

  1. 交通事故直後

    最初に病院や整形外科に行って、痛む部位をきちんと伝え診断を受けることが大事です。

    これぐらい大丈夫だろうとかは思わず、多少の痛みでもきちんと伝えて念のためにレントゲンを撮ってもらうようにして下さい。事故後には気が動転してあまり感じていなかったかもしれない場所に痛みが出た時でもきちんと診断してもらうことが大事です。

  2. 症状による通院方法
    *骨折と骨折後のリハビリ
    病院や整形外科で骨折が判明した場合、通院する必要があります。ですが、ギブスが取れた後は適切なリハビリを行うことが必要になってきます。手技や筋力トレーニング、ストレッチといったリハビリを行いますが、整形外科や病院での経過観察も行いながら接骨院でリハビリを行うのがよいでしょう。
    *むち打ち、腰痛

    後遺症を残さないため完治を目指す必要のある症状です。整形外科や病院でのレントゲンではわからなかった関節や筋肉の異常を治療し、後遺症が残らないよう接骨院で治療することをお勧めします。普段の生活の中では怪我をすることが無いような所も損傷を受けている可能性があるのが交通事故です。

    それを、放置しておくと機能障害、2次障害につながっていくことがあります。そのような状況を避けるためにも、整形外科での診察だけでなく早めにきちんとした施術の治療をすることが大事になります。

    むち打ち治療協会に認定されている名古屋市東区・北区【めいほく接骨院・整体院】グループは、交通事故やむち打ちなどのケガにおいてあなたのお手伝いさせていただきます。

     

    ●治療法(初期)

    初期には痛みのない微弱電流治療器ソーマダインで炎症を抑えます。 

    軽度の事故の場合、整形外科や病院での受傷直後のレントゲン検査ではほとんど異常が認められなかったり、自覚症状もなかったり現れても軽い痛みだけというケースが多くあります。それでも事故後2~3日後から症状が現れ、だんだんに強くなることもあるため注意が必要です。

    ●治療方法

    名古屋市北区・東区のめいほく接骨院はむち打ち治療を専門に行っている接骨院です!

    他の病院や整形外科、整骨院も交通事故を取り扱っていますが、交通事故治療やむち打ち治療は特別な知識を必要とするため専門に取り扱う必要があります。

    例えば、名古屋市北区・東区のめいほく接骨院・整体院では、病院や整形外科クリニックで行う様な機械による頚椎の牽引というような治療は行いません。 牽引をすることで逆に筋肉や靭帯を痛めてしまう可能性があるからです。

    むち打ちは、しっかり治療していけば必ず、改善することが出来ます。

    名古屋市北区・東区【めいほく接骨院・整体院】グループ は、交通事故(むち打ちなど)のケガにおいて必ずお役に立ちます。

めいほく接骨院(名古屋東区・北区)がむち打ち症などの交通事故治療で選ばれている7つの理由

①診療時間外でも予約可能(受付は夜21時まで)

②むち打ちなどの症状は自賠責用特別治療で徹底的に早期治療を目指します

③治癒力を3~5倍に高める痛みのない微弱電流治療器ソーマダインを使用

自賠責保険の使用で実質窓口負担金0円

事故後の届出など面倒な必要手続きを迅速にサポート

⑥病院・整形外科、他の接骨院からの転院も可能

病院・整形外科にかかりながらの通院もOK

 

交通事故に関するQ&A

 

Q. 交通事故に遭った場合どうすればいいですか?

 A.  まずは警察に届け出を出しましょう

他にも以下の情報を控えましょう。
○加害者の氏名住所連絡先
○車の登録ナンバー
○相手側の任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名


Q. 接骨院で交通事故の治療は受けることはできますか?

  A.  はい、できます。整骨院・接骨院は柔道整復師という国家資格を持った医療従事者が治療を行いますので、自賠責保険での治療が認められています。


Q. 治療費は誰が払うのですか?
 A. 相手方が加入している保険会社が支払います。
ご本人の金銭的負担はありません。


Q. レントゲンでは異常がないと言われたのですが、違和感や痛みがあります。治療できますか?
 A. はい、できます。レントゲンは、あくまで骨折やひび等を診断するもので、筋肉の損傷や炎症等については確認ができませんが、交通事故による怪我は筋肉や神経を痛めている場合があります。


Q. 事故後、徐々に痛みが増してきたのですが、交通事故での治療取扱いはできますか?
 A. 基本的には取扱いできますが、あまり時間が経過していると事故との関係がハッキリしなくなります。
違和感を感じた時点で、早めに受診することをお勧めします。様々なケースがありますので、 念のため、保険会社にお問い合わせください。


Q. 同乗者も怪我を負ってしまったのですが?

  A. もちろん同乗者全員が自賠責保険の補償を受けることができます。自損事故の場合は保険契約者の免責条項がありますので、気を付ける必要があります。まずはご相談ください。


Q.  現在、病院に通院しているのですが整骨院(鍼灸・マッサージ院)に通えますか?

 A.  はい、通えます。仕事が終わるのが遅く、なかなか病院で治療を受けることができない等の理由で、比較的遅くまでやっている整骨院で治療を受けたいという患者様はよくいらっしゃいます。定期的な経過観察(月に1~2度くらい)を病院で受け、普段の治療は整骨院でするという患者様も多くおられます。


Q. 今通っている医療機関を変更したいのですが、変更は可能ですか?

  A.  保険会社に、通院したい接骨院などの医療機関名と連絡先を電話で伝えれば、変更可能です。


Q. 加害者が保険に加入していないと言っているのですがどうすべきでしょう?

  A. 任意保険に加入していない人はいますが、車を所有している方であれば自賠責保険(強制保険)には入っています。


Q.「整骨院にかかりたい」と言ったら、相手の保険会社の担当者から「整骨院ではなく整形外科にかかるように」と言われました。保険会社が治療する医療機関を決めるのですか?

  A.  どこの医療機関にかかるかは、患者様が決めることです。どこの医療機関にかかるかは患者様の自由ですし選択権も保険会社ではなく患者様にあります。したがって患者様が治療を受けたい医療機関を指定すれば保険会社は速やかに手続きをしますので、患者様は希望する院で治療を受けることが出来ます。

顧問弁護士・行政書士・医師との連携で、
治療~保険請求・手続きまでスムーズに対応!
患者様は交通事故治療に専念していただけます!!

なぜ,めいほく接骨院で治るのか?めいほく接骨院はグループ院2店舗で定期勉強会を実施