陸上・水泳

陸上をされている方の多いお悩み

 

→すねの内側に痛みがある

 

シンスプリント

ランニング、ジャンプ、ターン、ストップなどに伴う足関節の反復動作により、ふくらはぎの内側や後面に疲労が起こり、足の筋肉の伸展性低下を引き起こし、その結果、ふくらはぎの後面内側筋群の引っ張りによりすねの骨に損傷や炎症をきたします。さらに、足部の疲労によるショック吸収能の低下や足関節の変形も原因となります。

 

例えば、、、

 

・骨の痛みのような感じがある

・押すと痛い

・歩くのも痛む

 

どんな症状?

すね(脛骨)の内側に沿った痛み、圧痛があります。また、ストレッチで伸ばしても痛みがあったり、歩いたり、走ったりしても痛み出ます。偏平足や回内足、膝外反などのアライメント異常が見られれば過労性骨膜炎を引き起こす可能性が高くなります。ひどいとすねの骨が疲労骨折することもあり、疲労骨折だった場合でも発生後すぐにはレントゲンには写りません。数日間経過したものであれば徐々にレントゲンに写ってくるものもあります。

 

めいほく接骨院・整体院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

陸上はかなりハードなスポーツであり、痛みが出てしまうと、思うようにプレイが出来なくなってしまいますので、軽い痛みであっても我慢せずにしっかり障害に対しての施術をしていくのをオススメします。

 

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、ランニングフォームから改善していきます。足に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、骨盤や、背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。

 

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

 

アイシング

痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

 

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んで効果的な下腿三頭筋(ふくらはぎ)のストレッチなどを指導します。痛みが治まってきてもまた無理をして運動をすると再発を繰り返してしまうので完全に治しきることと、ランニングフォームの改善と筋力アップを指導していきます。