野球

野球をされている方の多いお悩み

→投球時に肘の内側が痛む

野球肘

野球の投球による肘部の障害、特に肘の内側の炎症(内側上顆炎)を野球肘と総称していますが、ゴルフやテニス(フォアハンド)などのスポーツでも発生する障害です。
小学生~高校生多く発生し、身体が大きく成長する時期に繰り返し練習を重ねていることで、関節部分に負担がかかってしまって障害が起こります。
また、成長期(少年期)の過剰な投球動作などにより発生する野球肘はリトルリーガー肘とも言います。

例えば、、、

・肘の曲げ伸ばしをすると痛む

・投球動作時に痛む

・物を持ち上げたり、力を入れたりすると痛む

・肘の内側を押すと痛む

なぜ起きるの・・・?

主な原因はピッチャーによる投球の投げ過ぎや悪い投球フォームから起きます。

多くのピッチャーは腰から下半身の動きがうまく連動できておらず、腕だけで投げようとしてしまっています。
そのため、腕に負荷がかかりすぎて痛みにつながってしまいます。

痛みや違和感があるのに治療をせずに練習を続けてしまうことで、手術が必要になることもあります。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

野球選手にはさまざまなスポーツ障害が起こる可能性がありますが、その中でも特に多いのが投球障害です。

小学生~高校生多く発生し、身体が大きく成長する時期に繰り返し練習を重ねていることで、関節部分に負担がかかってしまって障害が起こります。

痛みや違和感があるのに野球の治療をせずに練習を続けてしまうことで、手術が必要になることもあるので早期の治療をおススメします。

骨盤矯正

名古屋市のめいほく接骨院で手技治療をおこなっている様子当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、投球フォームから改善していきます。

肘に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、肘と関連が深い肩や手首、背骨なども調整していきます。

身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。
プレイ後にも身体に疲れやダルさ、痛みなどが残らないようにもなります。

電気治療

名古屋市のめいほく接骨院で、ソーマダイン治療をひじに施しているところ

 

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。

各プロスポーツ界でも利用されています。

アイシング

名古屋市のめいほく接骨院で、アイシングの治療をしているところ

 

痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。
痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。

また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

 

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んで投球動作はしないことや効果的なストレッチなどを指導します。

痛みが治まってきても投球数は制限することは大切です。

また無理をして投げると再発を繰り返し、将来的にピッチャーはできない体になってしまう可能性もあります。