バスケットボール

バスケットボールをされている方の多いお悩み

→ジャンプ着地時に膝に痛みがある

膝の靱帯損傷

バスケットボールによる怪我には膝の靭帯損傷、突き指、肩の脱臼など全身に可能性がありますが、ジャンプ動作が多いスポーツですので、膝に負担がかかり膝の靱帯(前十時靱帯、側副靱帯)を損傷してしまいます。前十時靱帯の損傷はジャンプの着地などで、大腿四頭筋(太もも)の筋力が発生に関与していると考えられます。側副靱帯は急な方向転換で膝に強い力が加わることで損傷しやすくなります。

 

例えば、、、

・ジャンプの着地時に痛みがでる

・急停止をして痛みがでた

・急な方向転換で痛みがでた

 

どんな症状が出るの?

前十字靱帯の損傷では、受傷直後から痛みと膝の不安定感がありスポーツ続行は困難になります。受傷数時間後から膝関節周りの腫れや腫れがひどくなると膝の屈曲が制限されます。側副靱帯の損傷では受傷した部位を押さえると痛みや腫れがあります。どちらの靱帯損傷も断裂などの重症例では断裂音を聞くことがあります。

 

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

靱帯損傷の程度により、部分断裂か完全断裂かに分かれます。部分断裂の場合は、安静、冷却、筋トレ、テーピングなどを行う事で、早期のスポーツ復帰を目指します。完全断裂の場合は手術が必要になってくるため整形外科をご紹介させて頂きます。

 

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、全身のバランスを診て正しい身体の使い方が出来るようにしていきます。歪みを正しい位置にし、バスケットボールによる怪我をしにくい身体作りをします。

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

 

 

手技療法

痛みの出ている筋や靱帯を中心に柔軟性が出るようにほぐし、動き全体に関連する腰部や下半身も全体的に診ていきます。

 

 

アイシング

痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

 

テーピング(伸縮性あり)・サポーター

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。サポーターは緩んだ関節の固定を助けてくれるため、痛みがある場合や痛みが引いて動き出す際の最初の段階ではサポーターを巻くことをオススメします。

 

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んで走る動作はしないことや効果的なストレッチなどを指導します。痛みが治まってきても練習を制限することは大切です。焦らずまた無理をして投げると再発を繰り返し、将来的にピッチャーはできない体になってしまう可能性もあります。