なかなか治らない四十肩・五十肩を治すために大事なこと!-骨盤整体なら、名古屋北区上飯田、名古屋東区矢田

2016年06月27日

こんにちは!!今回は、四十・五十肩についてです。

「四十・五十肩の石灰化とは???」

一体、この言葉は何を意味しているのでしょう(?_?)四十・五十肩の石灰化…通称「フローズン・ショルダー」と呼ばれています。もともと石灰の外観は、真っ白に覆われ固まった状態です。つまり四十肩の石灰化=四十肩による痛みが原因で肩を動かさなくなり、身体の内なる部分(肩関節部分)が石灰のように固まってしまう症状を言います(石灰沈着性腱炎)\(゜ロ\)(/ロ゜)/
ではどうして、四十・五十肩の石灰化のような症状になってしまうのでしょうか(・・?四十肩を発症してしまった場合、発症した側の肩は安静に専念します。しかし、発症した側の肩を安静に保っていると、逆の肩が凝り始めてしまいます。そして発症していない肩をリハビリテーションすることで、発症した側の肩のリハビリテーションを怠ってしまうのです。結果!!発症した側の肩を動かす時期になっても動かすことをしない(痛みを生じているため)⇒石灰化して固まってしまうのです。とにかく四十肩を発症した時点で、すでに腕を自由に動かすことは困難になっています。もし四十肩の痛みを恐れてリハビリテーションを怠ってしまえば、肩の石灰化に拍車を掛けることになるだけです<(`^´)>しかも、この四十肩の石灰化…悪化すれば、更なる恐ろしい症状を引き起こしてしまいます。石灰沈着現象が棘上筋腱部(きょくじょうきんけんぶ)に発生してしまい、筋・腱の部分を壊死させてしまうのです。
こうなってしまうと、施術自体も非常に難しくなります。そうならないためにも、きちんとリハビリテーションをすることが必要です!!例えば肩の痛みを抑えるだけであれば、ブロック注射などを打って痛みを和らげることはできます。実は肩の石灰化は、身体の外部からの影響を受けていません。つまり、身体の内部からの影響で石灰化⇒身体の内部から、石灰化を溶かす酵素も出ているのです。その酵素は肩を動かすことで、身体の内部から放出されるのです。根気よく四十肩の石灰化リハビリテーションを行えば、1年前後である程度治癒します=日常生活に支障をきたさない程度に回復(治療期間は、石灰化の程度によって変化します)。そしてしっかり回復させるためには、接骨院の治療院に通院することが重要なのです。薬物療法・注射なども効果はあると思いますが、何といっても肩をいかに動かすかということが基本的な治療方法になるからです(`・ω・´)
今、四十肩で苦しんでおられるみなさん…慢性期になれば少々痛さを我慢してでも、肩を動かすように心掛けてください。それが四十肩の石灰化を防ぐ一番の予防手段です。以上、四十・五十肩についてでした