むち打ち症がずっと残らないようにする為に…

2017年12月1日

こんにちは!

名古屋市東区矢田・北区上飯田から多数ご来院頂いております

むち打ち治療が得意なめいほく接骨院です。

 

今日から12月になり今年もいよいよあと1ヵ月を切ります。

年末に交通事故なんかしたら最悪の年越しです。

 

交通事故で多く発生するむち打ち症は早めに治療することが大切です!!

むち打ち症は事故後早くて2.3日後、遅い場合だと1~2週間後に自覚症状が現れます。

「むち打ち症」の画像検索結果

そのため、痛みの原因が「事故で首に衝撃を受けたこと」という事自体を忘れてしまい、違うことが原因と思ってしまう事が良くあります。

これで一番怖いのが、ただの肩こりなどと思ってしまい、安易にマッサージなどをしてかえって悪化させてしまう事です。

過去2週間以内に首に衝撃を受けたことがあったら早めに専門家の診断を受けましょう。

早期に治療していれば数か月で完治できたむち打ち症が、それをしなかったために慢性化してしまったという例は多くあります。

慢性化してしまうと事故との関連性も薄れると判断されて、せっかく事故治療として0円でむち打ち治療できる機会を逃してしまいます。

長年むち打ち症に悩むことが無いようにちょっとでもむち打ちの可能性があると感じたら、めいほく接骨院へご連絡ください。