アキレス腱断裂!?後ろから足をけられたような….(名古屋北区上飯田、平安通り、名古屋東区大曽根、矢田)

2016年05月3日

こんにちは!!今回は、アキレス腱断裂についてです。

アキレス腱断裂とは、腓腹筋の自動収縮、介達外力、直達外力、過伸展などにより、踵骨後上部に付着して下腿三頭筋の末梢部を形成するアキレス腱が断裂した状態です。かつては男性のスポーツ選手に多く見られたが、女性のスポーツ人口増加にともなって、性差がなくなってきています!!

下腿三頭筋に強い張力が発生している時、跳躍運動などのために急激に足関節の背屈を強制されることによって断裂することが多いです。断裂は多くの場合、踵骨付着部より3 – 4cmの部分に起こるが、筋腱移行部に起こることもあります。完全断裂の場合と部分断裂の場合とがあります。断裂すると歩行障害が発生するが、足底筋や腱膜、足指屈筋などに底屈力が存在するため、完全に歩行不可能な状態にはならないです。

診断には、アキレス腱断裂テストを行います。これは下腿三頭筋の筋腹(腓腹筋部)を把握するもので、正常な状態では足関節が足底へ向く底屈が認められるが、この足関節底屈が起こらず、可動性が認められなければ陽性とされています。

完全断裂では腱縫合術が主流であるが、部分断裂などの場合にギプス固定による保存的治療が行われることもあります。腱縫合術は断裂した腱の断端を寄せる方法で、癒合過程で発生する周囲組織との癒着を防止し、縫合材料を腱表面に露出させないために、代表的なBunnell法の他に、Kessler法、津下法などの方法があるそうです。以上アキレス腱断裂についてでした!

NONALNUM-gqLjgq3jg6zjgrk-E