ストレートネックの症状と治療法を解説します-名古屋市東区、北区

2016年07月23日

名古屋市東区、名古屋市北区にあります、めいほく接骨院です。

今回はストレートネックLink について書きます。ストレートネックとは頸部への負担が、継続的にかかる事によって頭痛や定期的なめまい、肩こりなど様々な症状を発症する慢性系の首の障害です。神経系の圧迫によって様々な症状を発症する障害でもありますから、自覚症状の見極めが非常に大切となります。ストレートネックは、名前の由来どおり、頚椎を守る首の骨がまっすぐな状態になってしまう障害です。

ストレートネックの場合は首の頚椎の湾曲が損なわれてしまう為、様々な症状を発症するようになるのです。代表的な症状としては、肩こりや、手の痺れ、更には頭痛など様々な症状を伴います。このようにストレートネックは幾つかの症状を併発することから軽視出来ない首の障害のひとつと言えます。

ストレートネックの治療Link は、基本的に手術を用いない、保存療法を基本に治療をおこなっていきます。慢性的な姿勢が大きな原因としての要素を占める障害ですから、まずは環境、生活習慣の見直しが治療開始の最重要項目となります。これは、根本を解決しない限り、どのような治療を行っても、再発の危険性がぬぐえない為です。実際、ストレートネックを発症した方は、半数以上が再発を経験します。具体的には、デスクワークをする方の場合は、一定時間おきにストレッチを行う、パソコンの画面を視線の高さに合わせるなどを行い、負担のかかる前かがみの姿勢が続かないような環境を整備していきます。

薬物療法についてですが、ストレートネックLink を発症すると、継続的な負担から、頸部に炎症を発症しているケースがあります。この炎症は、基本的に、姿勢の矯正などで自然に完治していきますが、炎症が強く痛みが強い場合は、非ステロイド性消炎鎮痛剤などを用いて治療をしていくケースも考えられます。薬物の服用は一時的な処置ですが、炎症を抑える事で痛みも引いてくるので、過度の痛みを発症しているケースでは薬物療法も有効な治療法となります。

温熱療法の効果については、ストレートネックLink 症の治療の中期過程で取り入れていく治療方法のひとつです。手術などを行わないことから保存療法のひとつとなります。首に痛みを発症しているケースでは、まだ炎症が患部に残っている状態であるため、炎症の悪化を抑制するためにも基本的に温熱療法を取り入れることはありません。

しかし、薬物療法などで炎症が緩和し、痛みも引いてきた段階では、温熱療法が効果的な治療手段のひとつともなります。温熱療法は、文字通り「温める」ことによって血行を高め、回復力を高める治療のことを指します。様々な治療器具などが販売されておりますが、皮膚の上から暖かいタオルをのせてあげるだけでも温熱療法としてしっかりとした効果を発揮しますので高価な器具は必要ないでしょう。血行を高めることによって人間が本来持っている「自然治癒能力」を向上させることが目的ですから、少しずつでも継続的に実践していく心構えが重要となります。

ストレートネックは、当院のSPT骨格バランス調整法にて改善?!

オフィシャルサイトへLink