半月板損傷の治療はめいほく接骨院へ!

2017年04月13日

こんにちは!!

めいほく接骨院の上村です!(^^)!

 

今日は半月板損傷についてご紹介します!

半月板とは大腿骨と脛骨の間に存在する線維軟骨性の小板です。

機能としては、骨性に不安定な関節面に適合性をあたえます。

衝撃を分散・吸収する。滑液の関節腔内への拡散を助けるなど、多面的な機能を持っています。

 

 

半月板は、上の図でも分かるよう内側半月板と外側半月板があり 内側半月板はc字型になっており、

外側半月板はo字型になっています。それにともなって内側半月板の方が大きく、

外側半月板では可動性が大きいです。

したがって半月板を損傷すると、膝関節の機能に多大な障害をきたすことがあるので膝に嫌な痛みがあったら、

すぐにめいほく接骨院にお越しください!!(#^.^#)!!

 

 

そこで当院での治療法をご紹介します!

まずはじめに膝の痛み半月板を疑えば徒手検査をします。

患者さんに背臥位、腹臥位になってもらい、検側と患側両方行い痛みのない検側からおこないます。

マックマレーテスト

圧迫アプライテスト

半月板損傷の可能性が高いようなら、その後はソーマダインと言う特殊な電気で膝周りに電気を当てていきます。

その後は大腿四頭筋やハムストリングを中心とした運動療法を行い、機能回復に努めていきます!!

 

半月板損傷に今後ならないようにしっかりとやらなければならないこと、、、

1 スポーツ中などで痛みがでたら直ちに中断してアイシングを行う

2 自己ケアとしてストレッチをしっかりと行う

3 ランニングとかをする際はなるべく固い場所では走らないようにして、自分に合うシューズを履くことです

 

以上のことに注意して運動を行ってください。

膝の痛みでお悩みの方はいつでもご連絡お待ちしております(^^)