坐骨神経痛の原因と対処法をわかりやすく解説!【骨盤整体と言えばめいほく接骨院!!名古屋、東区、北区】

2016年07月30日

こんにちは!!
めいほく接骨院です(^^)今回は坐骨神経痛について書きます!!腰に痛みやダルさ、重い感じがある方、昔から腰痛の方、お尻から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれ、麻痺などの症状がでることありませんか?
もしかしたら「坐骨神経痛」かもしれません!!坐骨神経痛とは、病名ではなく症状を表す言葉です。何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる痛みやしびれなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。坐骨神経痛は、多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが現れるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。原因としては、背骨は、椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板がはみだしたり、飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアで腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫し、坐骨神経痛を起こしてしまいます。同じ姿勢(とくに中腰や前かがみなど)を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに、 発症する危険性があります。坐骨神経痛を改善する方法としては、
・なるべく重いものをもたない
・長時間同じ姿勢をとらない
・激しい運動はさける
・肥満しているようであれば減量する
・安静にしている
・腰周辺の筋力をつける
といったことがあげられます。また、ホットパックを利用したり、温浴するなど、患部を温めると痛みが和らぐこともあります。ただし、原因になっている疾患によって改善法は違いますし、改善法を行なったがために悪化してしまう、といった危険性もあります。また、坐骨神経痛を起こす疾患には、悪化すると歩行が困難になる、座っていられなくなる、排泄をうま くできなくる、といった重篤な症状を引き起こすものもあります。ですから、原因となっている疾患を早期に発見、治療することが、とても大切です!!激しく痛む、安静にしていても痛い、日に日に痛みが増してくる、発症から1週間以上経っても痛みやしびれが続く、下肢に力が入らない、といった症状がある場合には、当院を受診してください!!当院は症状に合わせてメニューを組み換えるオーダーメイド治療であり、痛みの部分はもちろん、痛みの原因部分からアプローチをし、根本治療をしていきます!!