寒い今に多い足の攣りについて

2017年12月20日

こんにちは!

主に名古屋市東区大幸・北区上飯田から多数来院して頂いています、めいほく接骨院です。

 

今日は患者様の悩みでもよく聞く「足がつる」というのがあります。

「足がつる」という状態は、足の筋肉が痛みを伴って、収縮や痙攣している状態です。

原因はいくつかあり、

 ①栄養、水分不足

 ミネラル分やビタミンB1 、タリウムといった栄養素が不足すると筋肉や神経が興奮しやすく

 なり、足をつりやすくなってしまいます。

 ②筋肉疲労

 運動すると汗をかくことで、水分と一緒に体内のミネラル分が失われやすくなります。

 それにより体内のイオンバランスが崩れると、筋肉からの信号がうまく伝わらず、

 筋肉が正常に動くためのエネルギーが供給されず、足がつりやすくなるようです。

 ③血行不良

 足が冷えて血行不良になると、ミネラルイオンなどが全身に行き届きづらくなり、

 筋肉が収縮しやすくなります。

 また、冷えにより筋肉がこわばってしまうため、

 足がつりやすくなるようです。

これから寒くなるので足の冷えには気を付けましょう!

「足がつる」の画像検索結果

足をつりにくくする対処法として

 ①ミネラルを取る! より多く含まれている食材では海藻類、納豆、ほうれん草などです。

  またスポーツドリンクもミネラルを補給できるのでおすすめです!

 ②筋力をつける! 筋肉疲労は筋力の弱さから疲れてしまい起こってきます。

  軽いウォーキングからでもいいので運動を心がけましょう!

 ③お風呂にゆっくり入る! 

  足はこれからの季節どうしても冷たくなってきます。

  なのでお風呂の時間にでもしっかり温めて血流をよくしましょう!

  また筋力をつけるとで足は温まりやすくなるのでやはり運動は大切です!

 

 寝ている間に足をつるという話はよく聞くので大事な睡眠を守るためにも

 しっかりとした対処をして、寒い冬を元気に乗り越えましょう(^^)/