寒い時こそ運動で身体を柔らかく

2017年09月29日

こんにちは!

めいほく接骨院の藤本です。

今の時期は気温の変化が起こり体調を崩す方が見られます。

体調不良に加えて寒くなることで体を動かさなくなってきます。

そうなってくると筋肉が固くなります。

筋肉は長時間同じ態勢でいたり、冷やしたりすると固くなります。

固くなるとつったり肉離れなどの違うケガにもつながります。

そうならないためにこの時期は運動とストレッチをしっかりする必要があります。

運動も有酸素運動と無酸素運動があります。

有酸素運動では主に体脂肪を燃料とするので、血中のLDLコレステロール・中性脂肪の減少が期待できます。

また、運動そのものの効果として心肺機能の向上なども期待できます。

無酸素運動には筋力を瞬発的に発揮するパワーを高める効果が期待されているので、筋肉そのものを強化したいときには効果的です。

「無酸素運動」の画像検索結果

ただ運動をすればいいだけではなくて、目的を持ち、それに遭った運動をしましょう。

そうすることで寒い日でも怪我のしにくい身体づくりができます。

 

めいほく接骨院では動かなくても運動した時と同じ効果が得られる電気があります。

鍛えたい場所によって流す場所も変えられるので興味がある方はぜひいらしてください。