接骨院・整骨院と整形外科の違いを分かりやすく解説します。

2016年07月16日

こんにちは!

名古屋市北区と名古屋市東区にあるむち打ち治療が得意なめいほく接骨院です。

接骨院・整骨院と整形外科では目的や治療法も違います。

まず接骨院・整骨院は同じと捉えてもらっても良いです。

どちらも国家資格を有した知識のある先生がいる施術所です。

以前は、【ほねつぎ】と言う名前が多かったのですが

時代の変化と共に接骨院・整骨院という名称の方が増えていますね。

接骨院・整骨院では急性外傷の処置がメインではありますが、メリットとしては一人一人にしっかりと対応出来ることです。

接骨院・整骨院では最初に問診を取った先生がそのまま施術を行うケースが多いと思います。当院でも初診時は必ず問診を行った先生が施術を行います。

なぜなら一番症状をわかってる先生がそのまま施術を行うのです。

これは当たり前のようですが実は整形外科ではそうではありません。

整形外科では医師が問診をして、リハビリは理学療法士が施術を行います。

その点では、安心して頂けるかと思います。

また、整形外科でのリハビリは数百人の患者様が来院されますので

施術内容も流れ作業になってしまうことがございます。

ある意味仕方がないことかもしれませんが(;^_^A

接骨院では、1人だけに時間を長く裂くことはできないですが

施術をしてくれる先生が直接相談にのってくれますので

痛みが移動したとか違う痛みを感じたなど急な変化にも対応しやすいと考えております。

ただし接骨院・整骨院では精密検査機械がないためレントゲンなどは取れません。

骨折や脱臼などは、徒手検査などで確認し整復することもできるのですが

レントゲンやMRIといった機械はございません。

それぞれの特色や良い点がございますので、症状に合わせて使い分けていただけると良いと思います。

また、迷った際には当院へご連絡ください。

 

症状を確認し、病院やクリニックの受診が必要と判断した際には

紹介状をお書きし医師を紹介させて頂いております。

 

主な紹介先

米田病院・よねだクリニック

服部外科整形外科

東海病院

東部医療センター

北病院

上飯田第一病院

名城病院