梅雨時の体調不良には・・

2017年06月10日

こんにちは!めいほく接骨院の杉山です(*^_^*)

今日は天気がいいですね!

ですが、最高気温が31℃まで上がる予報です(^^;

みなさん、水分補給をしっかりして、熱中症などに

気を付けて下さいね^^♪

 

そして、ついに東海地方も梅雨入りしてしまいましたね~(´;ω;`)

じめじめした季節・・・気圧の変化もあり体調崩しやすくなります。

 

今日は梅雨時の体調管理についてお話したいと思います。

梅雨時におこりやすい体調不良として

自律神経の乱れ・・気温や湿度のばらつきによって自律神経の乱れが引き起こされ、

その結果「体がだるい」「頭痛」「腹痛」といった症状が現れます。

また、一日の温度差の激しさから、「冷え」や「肩こり」の症状が出たり、風邪をひきやすくなったりします。

湿気による不調・・梅雨時は湿度が高くなり、その結果普段よりも体内の水分が出ていきにくくなり、

体のむくみの原因になってしまいます。偏頭痛なども起こりやすいですよね。

体のだるさを感じたら少し生活習慣を変えてみましょう★

食事はビタミンB群を摂取するといい

ビタミンB群の中の「ビタミンB1」は、糖質を分解してエネルギーに変える役割を果たすことから

『疲労回復ビタミン』『ストレスビタミン』とも呼ばれるほど、疲労やストレスに対して絶大な効果を発揮します。

ビタミンB1を多く含む食材には、玄米・発芽米・豚もも肉、豚ロース肉、紅鮭などがあります。

体を温めるもの(ねぎ・しょうが・とうがらしなど)

血行を促進して体を温めることに優れている上、発汗作用もあるので体内の水分も排出してくれます。

 

睡眠環境を整える

快眠のために最適とされる環境は「気温26度以下」「湿度50~60%」。

梅雨の時期特有の寝苦しさは、夏の暑さとゆうに80%を超える湿度の高さが関係しています。

エアコンで冷房26℃前後に保つと寝付きやすくなりますよ!

 

軽めの運動・水分を外に出しむくみ防止

ストレッチや軽めの筋トレがおすすめです!

 

梅雨時は体調不良も起こりやすく、体の痛みが出やすくなる季節です。

腰が痛くなったり、肩が痛くなったりしたら

めいほく接骨院へお越しください^^

あとは、普段シャワーだけで済ませてる方もこの時期は特に疲れやすいと思いますので

しっかりと暖かいお風呂に浸かって体を温めてあげてください★

 


名古屋市 東区 北区 接骨院  肩こり 腰痛 頭痛 交通事故 むち打ち 

お悩みの事がありましたらぜひ、めいほく接骨院へ!

東区本院・・名古屋市東区大幸1-5-23 TEL(052-711-1459)

北区上飯田院・・名古屋市北区上飯田通1-15 TEL(052-991-7751)

HP見た!とお気軽にお電話ください(*^_^*)