足が痛いのは足の形が悪いから!?

2018年02月27日

こんにちは!主に名古屋市東区・北区から多数来院して頂いております

骨盤矯正、猫背矯正、産後骨盤矯正が得意なめいほく接骨院です。

今日は外反母趾について紹介します。

外反母趾は足の指のつけ根にある深横中足靭帯が伸びたり、緩んでしまった上に靴など履物によって締め付けられることで、親指が小指の方に曲がっていく状態の事を言います。

「外反母趾」の画像検索結果

女性、遺伝、ハイヒールが三大原因であると言われています。

女性だけでなく男性や子供にもみられることがあります。

他にもバレエやバスケなどのジャンプをする運動

同じ要因によって外反母趾とは逆に足の小指が親指の方向に曲がってしまう内反小趾と呼ばれものもあります。

症状の進行によって痛みを覚え、歩行や起立のたびに痛みを感じるようになります。

しかし痛みがない場合もあったりします。

 

治療には靴の指導、運動療法、足底板療法(アーチサポート療法)、テーピングなどで固定する場合があります。

また、下腿部から足先にかけての筋肉の緊張もよくみられるため

ほぐしていく必要があります。

痛みがないとあまり気にしないことが多いですが、放置しておくと違う症状の起因にもなります。

「外反母趾が気になる」、「痛みがあり治したい」という方は是非めいほく接骨院へご連絡ください。