骨粗しょう症の予防をして行きましょう! 名古屋 接骨院 整体

2017年08月7日

こんにちはビックリマーク

東区大幸・北区上飯田のめいほく接骨院の十河です口笛

 

骨粗しょう症の予防するためには、若いうちに骨量を増やしておく事で、

ポイントは栄養、運動、日光浴です音譜

 

骨を強くするためにはやはり、カルシウム!! 

 

でも、これだけではだめなのです。
一緒に働く仲間をバランスよく取る事が骨太生活への第一歩!! 

その仲間たちを紹介していきますね(*^_^*)

 

カルシウム → 骨の材料になる
干しエビ、わかさぎ、煮干しなど、骨ごと食べる小魚
牛乳、チーズなどの乳製品
緑黄色野菜、大豆製品、ごまなど...

 

 

ビタミンDK → カルシウムの吸収を良くし、骨量を増やす

かつお、イワシ、鮭、さんま、干し椎茸、

納豆、モロヘイヤ、ブロッコリーなど...

 

 

たんぱく質 → 栄養の基本

とり過ぎも不足もカルシウムの利用を悪くするので適量を(>_<)

魚、肉、卵、牛乳、大豆など...

 

塩分、アルコール、喫煙、リンには注意です!! 

みんな骨を弱くするものばかりです(((゜ロ゜;)))

中でもリンは、ポテトチップスなど加工食品や清涼飲料水に

添加物として含まれているためコンビニ弁当や

インスタント食品の多い人は注意が必要です!! 

 

運動は食事とともに骨粗しょう症の予防の大きな柱です。

日焼けしない程度の日光浴は皮膚でビタミンDを作り、

カルシウムが骨に吸収されやすくなります。

 

骨粗しょう症は治療より予防が大切です☆ミ

(若いころからの貯食(貯骨)が大切です

今からでも骨太生活始めてみませんか?o(`・ω・´)o