足関節の痛みの原因と正しい治療法についてわかりやすく解説します!【名古屋市北区 めいほく接骨院】

2012年11月22日

皆さんこんにちは。

名古屋市北区上飯田めいほく接骨院Link の院長 田中です(^-^)/

名古屋市北区の上飯田駅から徒歩1分、【バスターミナルビル】の1階で接骨院をしております。

体調も崩しやすい時期です。くれぐれもお体をご自愛くださいね!!

今日は、足関節の捻挫について紹介させて頂きます。

t01010101_0101010112297243864

足関節の捻挫の大部分は足首を内側に捻ることによって発症します。

外側に捻り捻挫することもありますが極めて少ないです。

足首を内側に捻ることにより、外側についている靭帯が引き伸ばされ、

靭帯が部分断裂し損傷します。

 症状としては、腫脹や皮下出血、歩行不能などがみられ、

損傷部を抑えると強い痛みがでます。

治療としては、基本的にRICEを行っていきます。

R:安静(rest)

I:冷却(ice)

C:圧迫(compression)

E:挙上(eievation)

特にアイシングで患部を冷やし、テーピングで固定していきます。

t02200396_0800144012289659814

当院では、低周波治療や微弱電流治療を行い早期治癒に向けて治療していきます。

当院では、11月23日(金)に無料体験会を行います。詳しくはこちらをクリック!

名古屋市北区上飯田の【むち打ち治療協会認定院】の接骨院!!

整形外科や他の接骨院・整骨院からの転院も可能です。


1 2 3 4