その足のシビレは椎間板ヘルニアかも?足のシビレと椎間板ヘルニアの関係性について教えます!

2013年10月2日

こんにちは!

名古屋市北区上飯田駅バスターミナルビル1Fで診療しております!

最近は当院に新しいのぼり旗が届きました!いつもより大きい超巨大のぼり旗が2つ立っているのでかなり目立つと思います!大き過ぎて強い風邪の日に飛ばされそうになってました(笑)

さて今日は椎間板ヘルニアについてお話します。椎間板とは椎体同士の間にあり、中心に髄核がありその周りを繊維輪という丈夫な組織で構成されています。椎間板ヘルニアは椎間板の退行変性(機械的刺激・遺伝的訴因・事故免疫・栄養障害)などの原因による細胞外物質の変化によって繊維輪に断裂が起こり、髄核がそこからはみ出した状態が椎間板ヘルニアです。

30~40代に多く発症し、髄核の脱出方向は後外側になる事が多いです。

【主症状】

■腰痛・疼痛性側弯を伴う腰椎運動制限

■坐骨神経痛

■下肢運動・知覚麻痺

■膀胱・直腸障害

などといった症状があらわれる可能性があります。

治療として当院ではプロテクノエグゼという特殊電気治療を施したり手技により筋肉をほぐしたり、さらには骨盤の歪みもとっていきます。腰が痛くなってしまったり歪んでしまう日常生活に支障が出てしまいますので早めの治療をおおススメします!

骨折の分類についてわかりやすく解説します!

2013年10月1日

こんにちは!

今日は骨折の分類について書いていきます!

骨折は大きく分けると2つ、細かく分けると12個にもなるんですね!

まず大まかに完全骨折と不全骨折にわかれます。完全骨折は、その名の通り骨が完全に折れている状態ですが、不全骨折は、折れているが骨の一部が繋がっている状態です。

そして、ここからは骨折の折れ方によって12個分かれていくんですね。

節状骨折・若木骨折・亀裂骨折・横骨折・屈曲骨折・斜骨折・螺旋骨折・二重骨折・圧迫骨折・粉砕骨折・裂離骨折・陥没骨折。

こんなにもあります!では簡単に説明していきましょう!!

不全骨折・節状骨折:竹の節目のような状態。

・若木骨折:木の枝が折れたような状態。

・亀裂骨折:骨に亀裂が入った状態。

完全骨折

・横骨折:骨が真っ二つになってしまった状態。

・屈曲骨折:ひらがなの「く」または、逆くの字のような状態。

・斜骨折:骨がスライスされたような状態。

・螺旋骨折:骨がねじれて折れてしまっった状態。

・二重骨折:一本の骨で二か所折れてしまった状態。

・圧迫骨折:上の骨が下の骨を押し潰してしっまた状態。

・粉砕骨折:骨が砕けてしまった状態。

・裂離骨折:骨片が筋肉などの作用により引き剥がされしまった状態。

・陥没骨折:「凹」このような形で折れてしまう状態。

こんなにもあるんですよ!!特に、完全骨折の横骨折、屈曲骨折、斜骨折は発生頻度が高いです他にも原因によって名前の変わる骨折もありますが、今日は簡単な骨折の分類についてでした!

もしも交通事故にあってしまった場合にするべきことをわかりやすく解説します!【むち打ち治療専門 めいほく接骨院】

2013年09月4日

皆さんこんにちは!(^-^)/名古屋市北区上飯田駅2番出口から徒歩1分のバスターミナル一階で診療しております。

今回は、もし事故に遭ってしまったらどうしたら良いのか順番に説明していきたいと思います。

①【けが人の救護と道路上の危険除去】

運転をやめ、加害者・被害者を問わず負傷者がいたら救護活動をしましょう!命に関わる事態かもしれないので救急車を呼んだり負傷者の手当てをします。あとは二次被害を防ぐため、被害者が動けるようでしたら安全な場所で避難し救急車をまちましょう!

②【警察へ届け出る】

事故に遭ったら、まず警察に電話しましょう。自己判断はしないようにしましょう。警察への届出を怠ると、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。加害者には届出の義務がありますが、加害者が届出をしない事があります。なので必ず届け出るようにしましょう!その時は警察署と担当はメモしておきましょう。

③【加害者と加害車両の確認 及び 事故状況の記録】

加害者の氏名・住所・自宅と携帯電話の番号・自動車の登録ナンバーをしっかりと確認しましょう。可能であれば、携帯で免許証と車検証の写真をとっておくといいようです。時間とともに話の内容がかわってくることがあるようですから。また、壊れた自動車などの車両や部品、など事故現場の写真をとっておくといいようです。※法律にかかわることがらは、むち打ち治療協会の顧問弁護士・行政書士より抜粋

④【自分の保険会社に事故の連絡をします】自分が乗っていた車の加入している保険会社に交通事故にあった事を連絡してください。搭乗者傷害保険をかけている場合、請求することができるようです。搭乗者傷害保険は、等級に影響しない事故の一つだとのこと。等級を下げることなく、保険料を受け取ることができるようです。※法律にかかわることがらは、むち打ち治療協会の顧問弁護士・行政書士より抜粋

⑤【外傷がなくても必ず病院か接骨院を受診しましょう】

急救車で運ばれるようなケガであれば当然ですが、後日診察を受ける場合でも人身事故の取り扱いにしていないと治療費などの支払いが受けられなくなります。事故直後は興奮しているため、症状が出ない方がいますが、必ず当日のうちに受診して下さい。たとえその日は何の症状が出なくても、後から何らかの症状が現れることは往々にしてあります。軽微な事故に見えても後で体に異常が出た・・・ということもよくあることです。名古屋市北区上飯田の【むち打ち治療協会認定院】の接骨院!!整形外科や他の接骨院・整骨院からの転院も可能です。

クリスマスイベントのお知らせ【名古屋市北区 めいほく接骨院】

2012年12月10日

t02200264_0800095912309610973
サンタ

みなさんこんにちわ  

北区、東区にありますめいほく接骨院です!!

早いもので、今年ももう、最後の月を迎えました。

皆さん!そうです!12月といえばクリスマスですね\(^o^)/

お子さんにとっては一大イベント、大人にとってもいいものですよね?(^^)/

家で華やかな料理を囲んで家族で楽しむのもいいですし、恋人同士ならイルミネーションや2人だけのクリスマスパーティーをするのもいいのではないでしょうか?

皆さんは予定はお決まりですか?\(^o^)/

日に日に冷え込みも厳しくなり、また年末のお仕事の追い込みや、立て続けて忘年会などがある方もいらっしゃるでしょうが、体調を崩されないようにして下さいね!まずはしっかりとお風呂で湯船につかり体を温めましょう!そして睡眠をしっかりとりましょうね(*^_^*)

それでもだめならめいほく接骨院にお越しください(^^)/

もし、予定をやっつけるのに頑張り過ぎて体が疲れたら、ぜひめいほく接骨院にお越しください。

体も心も癒される施術をさせて頂きますよ

みなさん健康で新しい年を迎えましょうね。めいほく接骨院は皆さんが体も心も健康で新しい年を迎えられるように願っております!

それではまた(*^_^*)

北区上飯田院 TEL052-991-7751東区名古屋本院 TEL052-711-1459

12月25日(火)クリスマスイベントを開催

受診された方限定でプレゼントあります!

是非、ご来院下さい!!

足関節の痛みの原因と正しい治療法についてわかりやすく解説します!【名古屋市北区 めいほく接骨院】

2012年11月22日

皆さんこんにちは。

名古屋市北区上飯田めいほく接骨院Link の院長 田中です(^-^)/

名古屋市北区の上飯田駅から徒歩1分、【バスターミナルビル】の1階で接骨院をしております。

体調も崩しやすい時期です。くれぐれもお体をご自愛くださいね!!

今日は、足関節の捻挫について紹介させて頂きます。

t01010101_0101010112297243864

足関節の捻挫の大部分は足首を内側に捻ることによって発症します。

外側に捻り捻挫することもありますが極めて少ないです。

足首を内側に捻ることにより、外側についている靭帯が引き伸ばされ、

靭帯が部分断裂し損傷します。

 症状としては、腫脹や皮下出血、歩行不能などがみられ、

損傷部を抑えると強い痛みがでます。

治療としては、基本的にRICEを行っていきます。

R:安静(rest)

I:冷却(ice)

C:圧迫(compression)

E:挙上(eievation)

特にアイシングで患部を冷やし、テーピングで固定していきます。

t02200396_0800144012289659814

当院では、低周波治療や微弱電流治療を行い早期治癒に向けて治療していきます。

当院では、11月23日(金)に無料体験会を行います。詳しくはこちらをクリック!

名古屋市北区上飯田の【むち打ち治療協会認定院】の接骨院!!

整形外科や他の接骨院・整骨院からの転院も可能です。

交通事故の後遺症でお悩みの方必見!当院は交通事故患者への治療の定評があります!

2011年01月18日

皆さんこんにちは。交通事故のケガにお困りなら名古屋市北区上飯田 名古屋市東区大幸のめいほく接骨院へ是非お越しください。

名古屋市北区の上飯田駅から徒歩1分バスターミナルビルの1階、名古屋市東区のナゴヤドーム矢田駅徒歩3分で接骨院をしております。

名古屋では久しぶりの雪も降り、本当に寒い日が続いています。皆さん、風邪など引かないように暖かくお過ごしください。

では、本題に入ります。

① レントゲンを撮って『異常がありません』と言われて治療が終わってしまった

② 『シップを出しておくから痛くなったらまた来て下さい』と治療を適当にされてしまった

③ 長時間待ち時間がある状況で『来週また来てしっかり検査を行ないます』と先生に言われてしまった

④ 痛いが継続的に続いているのに適切な治療を受けることができない

⑤ 治療をしているのに痛みが継続的に続いている

⑥ 症状が一向に収まる気配がない

もしあなたが上記の悩みや問題を一つでも抱えているのでありましたらしっかりあなたの症状に合わせた的確な治療を行なうことができる医療機関を探さなければいけないと思います。

交通事故の被害者が、年間140万人を越える中、多くの方が被害に遭っているにも関わらず適切な治療を受けることができずに慢性的に痛みを発生したり、症状が一向に落ち着かず、不安や問題を抱えている被害者が非常に多い傾向にあります。

痛みが出ている症状を放置していると後遺障害という症状に発展してしまう可能性がとても高く、一生涯障害を乗り越えて生活を行なわなければいけません。

そのような状態を避けるためにも交通事故治療専門の的確な治療を行なうことが大切です。

もしあなたが交通事故に遭ってしまったときのことや、多くお伺いする「接骨院では医療保険が使えますか?」というお声などをまとめてみました。⇒コチラからまとめたブログの記事をご覧になれます。 ⇒当院についてのよくあるご質問をホームページにもまとめてあります。 Link


1 49 50 51 52 53