[ カテゴリー » 交通事故 ]

もしも交通事故にあってしまった場合にするべきことをわかりやすく解説します!【むち打ち治療専門 めいほく接骨院】

皆さんこんにちは!(^-^)/名古屋市北区上飯田駅2番出口から徒歩1分のバスターミナル一階で診療しております。

今回は、もし事故に遭ってしまったらどうしたら良いのか順番に説明していきたいと思います。

①【けが人の救護と道路上の危険除去】

運転をやめ、加害者・被害者を問わず負傷者がいたら救護活動をしましょう!命に関わる事態かもしれないので救急車を呼んだり負傷者の手当てをします。あとは二次被害を防ぐため、被害者が動けるようでしたら安全な場所で避難し救急車をまちましょう!

②【警察へ届け出る】

事故に遭ったら、まず警察に電話しましょう。自己判断はしないようにしましょう。警察への届出を怠ると、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。加害者には届出の義務がありますが、加害者が届出をしない事があります。なので必ず届け出るようにしましょう!その時は警察署と担当はメモしておきましょう。

③【加害者と加害車両の確認 及び 事故状況の記録】

加害者の氏名・住所・自宅と携帯電話の番号・自動車の登録ナンバーをしっかりと確認しましょう。可能であれば、携帯で免許証と車検証の写真をとっておくといいようです。時間とともに話の内容がかわってくることがあるようですから。また、壊れた自動車などの車両や部品、など事故現場の写真をとっておくといいようです。※法律にかかわることがらは、むち打ち治療協会の顧問弁護士・行政書士より抜粋

④【自分の保険会社に事故の連絡をします】自分が乗っていた車の加入している保険会社に交通事故にあった事を連絡してください。搭乗者傷害保険をかけている場合、請求することができるようです。搭乗者傷害保険は、等級に影響しない事故の一つだとのこと。等級を下げることなく、保険料を受け取ることができるようです。※法律にかかわることがらは、むち打ち治療協会の顧問弁護士・行政書士より抜粋

⑤【外傷がなくても必ず病院か接骨院を受診しましょう】

急救車で運ばれるようなケガであれば当然ですが、後日診察を受ける場合でも人身事故の取り扱いにしていないと治療費などの支払いが受けられなくなります。事故直後は興奮しているため、症状が出ない方がいますが、必ず当日のうちに受診して下さい。たとえその日は何の症状が出なくても、後から何らかの症状が現れることは往々にしてあります。軽微な事故に見えても後で体に異常が出た・・・ということもよくあることです。名古屋市北区上飯田の【むち打ち治療協会認定院】の接骨院!!整形外科や他の接骨院・整骨院からの転院も可能です。

— posted by 院長 at 09:05 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0550 sec.
prev
2017.5
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31