ストレートネックの症状と治療法を解説します-名古屋市東区、北区

名古屋市東区、名古屋市北区にあります、めいほく接骨院です。

今回はストレートネックLink について書きます。ストレートネックとは頸部への負担が、継続的にかかる事によって頭痛や定期的なめまい、肩こりなど様々な症状を発症する慢性系の首の障害です。神経系の圧迫によって様々な症状を発症する障害でもありますから、自覚症状の見極めが非常に大切となります。ストレートネックは、名前の由来どおり、頚椎を守る首の骨がまっすぐな状態になってしまう障害です。

ストレートネックの場合は首の頚椎の湾曲が損なわれてしまう為、様々な症状を発症するようになるのです。代表的な症状としては、肩こりや、手の痺れ、更には頭痛など様々な症状を伴います。このようにストレートネックは幾つかの症状を併発することから軽視出来ない首の障害のひとつと言えます。

ストレートネックの治療Link は、基本的に手術を用いない、保存療法を基本に治療をおこなっていきます。慢性的な姿勢が大きな原因としての要素を占める障害ですから、まずは環境、生活習慣の見直しが治療開始の最重要項目となります。これは、根本を解決しない限り、どのような治療を行っても、再発の危険性がぬぐえない為です。実際、ストレートネックを発症した方は、半数以上が再発を経験します。具体的には、デスクワークをする方の場合は、一定時間おきにストレッチを行う、パソコンの画面を視線の高さに合わせるなどを行い、負担のかかる前かがみの姿勢が続かないような環境を整備していきます。

薬物療法についてですが、ストレートネックLink を発症すると、継続的な負担から、頸部に炎症を発症しているケースがあります。この炎症は、基本的に、姿勢の矯正などで自然に完治していきますが、炎症が強く痛みが強い場合は、非ステロイド性消炎鎮痛剤などを用いて治療をしていくケースも考えられます。薬物の服用は一時的な処置ですが、炎症を抑える事で痛みも引いてくるので、過度の痛みを発症しているケースでは薬物療法も有効な治療法となります。

温熱療法の効果については、ストレートネックLink 症の治療の中期過程で取り入れていく治療方法のひとつです。手術などを行わないことから保存療法のひとつとなります。首に痛みを発症しているケースでは、まだ炎症が患部に残っている状態であるため、炎症の悪化を抑制するためにも基本的に温熱療法を取り入れることはありません。

しかし、薬物療法などで炎症が緩和し、痛みも引いてきた段階では、温熱療法が効果的な治療手段のひとつともなります。温熱療法は、文字通り「温める」ことによって血行を高め、回復力を高める治療のことを指します。様々な治療器具などが販売されておりますが、皮膚の上から暖かいタオルをのせてあげるだけでも温熱療法としてしっかりとした効果を発揮しますので高価な器具は必要ないでしょう。血行を高めることによって人間が本来持っている「自然治癒能力」を向上させることが目的ですから、少しずつでも継続的に実践していく心構えが重要となります。

ストレートネックは、当院のSPT骨格バランス調整法にて改善?!

オフィシャルサイトへLink

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

名古屋本院052-711-1459 北区上飯田院052-991-7751お気軽にご相談下さい。ヽ(^o^)丿

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.meihoku-bone.jp/index.htmlLink

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

12211

IMG_1076

IMG_3045

— posted by 院長 at 11:04 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

肩こり腰痛でお困りの方必見!当院のSPT骨格バランス調整法で根本改善#東区整体#北区整体

皆さんこんにちは^^めいほく接骨院の渡邉です!

最近、東海地方も梅雨があけて夏本番ですね!

今日は当院で肩こり、腰痛などの治療で主に行っているSPT骨格バランス調整法の紹介をしたいと思います。

①患者様のゆがみのタイプを見て(例えば骨盤右上がり、肩右下がりなどなど)それぞれのタイプにあった施術をしていきます。

②無痛の背骨・骨盤矯正をしていきます。

③オリンピック選手などのトップアスリートが使用する電気治療機器を使って深層筋や神経系にアプローチしていきます。

④手技による筋肉バランス調節、筋膜調節

痛みの原因は筋肉の硬さに原因があることがほとんどです。これはなぜかというと筋肉が硬くなると硬くなった筋肉が中を通る神経を圧迫して痛みを感じるのです!

なので、筋肉を柔らかくしていくことが一番重要になってきます。

①~④の項目を症状に合わせて行っていくと筋肉は確実に柔らかくなってきます。

身体にゆがみ、痛みや筋肉のハリがある方は是非試して頂きたいですね(^◇^)

NONALNUM-SU1HXzE2NjIoMSk-E

オフィシャルサイト【SPT骨格バランス調整法】についてはこちら

Link

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:00 15:00~20:00

※土曜日は15:00~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:00

交通事故治療専門 めいほく接骨院

北区上飯田院 052-991-7751

東区名古屋本院 052-711-1459

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.kotsujikochiryo.jp/Link

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

— posted by 院長 at 11:15 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

なぜ今産後の骨盤矯正が人気なのかその理由を解説します 名古屋市北区、名古屋市東区めいほく接骨院

こんにちは(*^_^*)

北区上飯田のめいほく接骨院です!!

今回は産後の骨盤矯正について書きますo(`・ω・´)o

産後の身体のダメージは、表面的にあまり表れなかったり、育児に追われるがあまり放って置きがちですが、

ご自身が思っている以上にかなりダメージを受けているんです!!

産前の骨盤は形的には逆三角ですが、産後の骨盤は例えるなら長方形の形をとります(>_<)

赤ちゃんを産む時に骨盤の下(産道)が開くため形が変わるんです!!

そのままだと痛みがでたり、お腹が出たり、下半身の体型が崩れます(((゜ロ゜;)))

『病気やケガをしたら施術しますよね?』

それと同じで、出産をしたらしっかりと骨盤矯正をして、その後の育児を快適に行えるように準備することが大切です(^_^)

下記のような悩みや症状はありませんか?

・産前のズボン(パンツ)が履けない。

・骨盤周りが痛い。

・股関節(足の付け根)が痛い。

・体型が変わって気になるなど...

産後に上記に1つでも当てはまるのがあれば、骨盤矯正をオススメします!!

綺麗な姿勢は耳、肩、股関節、くるぶしが一直線上に整う姿勢です!!

矯正と聞くとボキボキを想像する方いると思いますが、

当院ではボキボキはいっさいありません!!

歪む時にボキボキいいませんよね?

なので歪みを戻す時もジワーっと優しくおこなっていきます!!

産後の骨盤矯正は産後3ヶ月~6ヶ月が最適です(^^)週1、2回の3ヶ月で良い姿勢にしていきましょうね!!

オフィシャルサイト【産後の骨盤矯正】はこちらLink

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

名古屋本院052-711-1459 北区上飯田院052-991-7751お気軽にご相談下さい。ヽ(^o^)丿

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.meihoku-bone.jp/index.htmlLink

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

12211

IMG_1076

IMG_3045

— posted by 院長 at 07:28 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

接骨院・整骨院と整形外科の違いを分かりやすく解説します。名古屋市東区大幸、名古屋市北区上飯田、めいほく接骨院

接骨院・整骨院と整形外科では目的や治療法も違います。

まず接骨院・整骨院は同じと捉えてもらっても良いです。どちらも国家資格を有した知識のある先生がいる施術所です。以前は、【ほねつぎ】と言う名前が多かったのですが時代の変化と共に接骨院・整骨院という名称の方が増えていますね。

接骨院・整骨院では急性外傷の処置がメインではありますが、メリットとしては一人一人にしっかりと対応出来ることです。

接骨院・整骨院では最初に問診を取った先生がそのまま施術を行うケースが多いと思います。当院でも初診時は必ず問診を行った先生が施術を行います。

なぜなら一番症状をわかってる先生がそのまま施術を行うのです。これは当たり前のようですが実は整形外科ではそうではありません。整形外科では医師が問診をして、リハビリは理学療法士が施術を行います。

その点では、安心して頂けるかと思います。

また、整形外科でのリハビリは数百人の患者様が来院されますので施術内容も流れ作業になってしまうことがございます。ある意味仕方がないことかもしれませんが。

接骨院では、1人だけに時間を長く裂くことはできないですが施術をしてくれる先生が直接相談にのってくれますので痛みが移動したとか違う痛みを感じたなど急な変化にも対応しやすいと考えております。

ただし接骨院・整骨院では精密検査機械がないためレントゲンなどは取れません。骨折や脱臼などは、徒手検査などで確認し整復することもできるのですがレントゲンやMRIといった機械はございません。

それぞれの特色や良い点がございますので、症状に合わせて使い分けていただけると良いと思います。

また、迷った際には当院へ受診してください。症状を確認し、病院やクリニックの受診が必要と判断した際には紹介状をお書きし医師を紹介させて頂いております。

主な紹介先

米田病院・よねだクリニック

服部外科整形外科

東海病院

東部医療センター

北病院

上飯田第一病院

名城病院

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

名古屋本院052-711-1459 北区上飯田院052-991-7751お気軽にご相談下さい。ヽ(^o^)丿

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.meihoku-bone.jp/index.htmlLink

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

12211

IMG_1076

IMG_3045

— posted by 院長 at 07:26 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

腰の痛みならめいほくへ!!東東区大曽根、北区上飯田

こんにちは!!名古屋市北区、東区にあります、めいほく接骨院です(^^)

めいほく接骨院の患者さんは腰痛でお困りの方にも多くご来院して頂いております。多くの患者さんから【ヘルニア持ちです】といわれる事が非常に多いのですが、腰痛と関係が無い場合も多くあります。

まず、知っておいて貰いたのがレントゲン検査でヘルニアの診断は出来ません。あくまでも、もしかしたらヘルニアがあるかも?程度の事です。レントゲン検査だけしかやらずに整形外科の先生に腰椎ヘルニアですと言われて、そのままヘルニアがあると思い込んでいる方も少なくありません。しっかりと、患者さんに理解させてない先生に問題はあると思いますが...

次にMRI検査を行って、腰部ヘルニアと診断されたとします。これは、間違えなくヘルニアは存在します。しっかりと画像に出ており画像診断のプロである整形外科医が言う事に間違えはないはずです。

では、【腰椎ヘルニア=腰痛】の式が成り立つか?答えとしては、正しくも、間違えでもなくヘルニアが原因の腰痛もあれば、ヘルニアがあったとしてもヘルニアが原因でない腰痛もあります。何故ならば、腰痛の無い方でもMRI検査を行うとヘルニアがあったり、手術でヘルニアを除去しても腰痛が治らなかったりする事は多々見られます。めいほく接骨院でもヘルニアがある患者さんに骨盤矯正を行うと、その場で痛みが取れる事が多くありますが骨盤矯正をしたからと言って、ヘルニアが引っ込むはずもないが痛みが取れる。ということは、ヘルニアで腰痛を起しているのではない事が分かると思います。その他の原因があるのです。もちろん、ヘルニアが原因の腰痛もあります。ただ、ヘルニアがあるから、全ての腰痛がヘルニアに起因しているわけではない事を腰痛、ヘルニアでお困りの方は知っておいてください。

オフィシャルサイト【腰痛について】はこちらLink

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

名古屋本院052-711-1459 北区上飯田院052-991-7751お気軽にご相談下さい。ヽ(^o^)丿

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.meihoku-bone.jp/index.htmlLink

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

12211

IMG_1076

IMG_3045

— posted by 院長 at 10:00 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0554 sec.
prev
2017.5
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31