腰痛を改善する鍵はなぜ普段の姿勢からなのかわかりやすく解説します―名古屋市東区、名古屋市北区

名古屋市東区、名古屋市北区にあります、めいほく接骨院です。

腰痛は日本の有訴者率1位の国民病です。長年腰痛で苦しんでいる方は厚生労働省の発表によると2800万人と言われており、約4人に1人は腰痛に悩まされていると言われています。長年腰痛で苦しんでいる方は多いですが、腰痛の原因の80%は不明とされております。腰椎ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などの診断を受けてもそれが原因でない事の方が多いようです。では、腰痛の原因が分からないとしたら治療法はどうしたら良いのでしょうか?

めいほく接骨院では病院、整形外科さんでレントゲンやMRI検査を受けて腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症の診断を受けたらまずは、そこの病院、整形外科さんのお勧めする治療を受けてみると良いと思います。そこでの治療で腰痛が治れば何の問題もありませんが、3週間~1ヵ月治療を行っても改善しない場合は治療法が間違っている、もしくは合っていない可能性があるので別の治療法を行う必要があります。めいほく接骨院では長年の腰痛は姿勢の問題が多いと考えております。病院や整形外科さんで長年治療したが改善しなかった腰痛でも姿勢を整える事によってその場で痛みが改善される事も珍しくありません。姿勢を良くすると、筋肉に柔軟性が出る事によって、神経の通り道が良くなり、新しい血液が筋肉に入り込み関節の動きも良くなります。めいほく接骨院では長年の腰痛で苦しまれている患者さんには姿勢・骨盤矯正をベースとした根本的に腰痛を改善させる整体プログラムを提供しております。病院、整形外科さん、他の接骨院や整骨院、整体院でも治らなかった腰痛の方には是非、当院の腰痛治療の骨盤矯正プログラムをお試し頂きたいと思っております。

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

名古屋本院052-711-1459 北区上飯田院052-991-7751お気軽にご相談下さい。ヽ(^o^)丿

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.meihoku-bone.jp/index.htmlLink

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

12211

IMG_1076

IMG_3045

— posted by 院長 at 10:13 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

なんで頭痛はおこるの?名古屋市北区、名古屋市東区めいほく接骨院

こんにちは!!北区上飯田、東区矢田にあるめいほく接骨院です!

皆さんは頭痛になったことはありますか?

頭痛といってもさまざまで特に長期にわたる頭痛に悩んでいる方たくさんいると思います。

薬を服用し続けて、良くなるも再発したり大変ですよね(´゜Д゜`)

なんとかその生活を変えたい、改善したいと思いますよね!!

なぜ頭痛が起こるのかなんですが、まず筋肉の固さが原因ですなんです(((゜ロ゜;)))

筋肉の中に血管や神経が通っています。

筋肉が硬くなると中を通る血管や神経をつぶしてしまい、

酸素や栄養を頭へ運びにくくしてしまいます(T_T)そのため痛みがでます!!

周りの浅い筋肉は揉んだりマッサージなどでほぐせますが、

深いところの筋肉をほぐさないといけません(>_<)

そこをほぐしていくことによって徐々に頭痛の症状が改善されます。

自分自身では、どうしたらいいのか分からず、

とりあえず薬を飲みながら過ごされている方も多いと思います。

薬を飲む事が悪いわけではありませんが、出来れば飲まなくていいに越した事はありません。

ご自身の自然治癒力を高めて、深層筋にアプローチして早期回復を体感してみませんか?

sutuu

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

名古屋本院052-711-1459 北区上飯田院052-991-7751お気軽にご相談下さい。ヽ(^o^)丿

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.meihoku-bone.jp/index.htmlLink

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

12211

IMG_1076

IMG_3045

— posted by 院長 at 10:35 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

肩鎖関節脱臼について!!名古屋北区、東区めいほく接骨院

こんにちは!!

北区、東区にありますめいほく接骨院です\(^o^)/

今回の内容は、肩鎖関節脱臼についてです(^^♪

肩鎖関節脱臼とはどんな外傷なんでしょうか(・・?

 肩鎖関節とは、鎖骨と肩甲骨が接している場所で、肩鎖関節にある肩鎖靭帯と、その内側にある烏口鎖骨靭帯(菱形靭帯と円錐靭帯の2本をまとめた名前)の3本の靭帯(骨と骨を結ぶ強い紐状のもの)が、互いの位置を一定に保ち、関節がずれることを防いでいるんです!!  肩に無理な力が加わってこれらの靭帯が損なわれると、肩鎖関節がずれます。靭帯が傷んだ程度によって関節のずれの程度が決まります。これが脱臼です!!  従来は関節の上下方向のずれの程度によって捻挫・亜脱臼・脱臼の3型に分類していましたが、現在では関節を囲む筋肉の損傷の程度やずれの方向によって、脱臼をさらに4つの型に分ける分類法が主に用いられ、治療方針が決められます。

原因は何か

 大部分は、転んで肩の外側を強く打つことが原因です。ごくまれに、腕を上方や前方あるいは外側に強く引っ張られることで生じます\(゜ロ\)(/ロ゜)/

症状の現れ方

 最初の症状は、肩鎖関節部(肩上面で外側)の安静時の痛み、押した時の痛みと腕を動かす時の激しい痛みです。少し時間がたつと、腫れによりこれらの症状が強くなります(^_^)/  大きくずれた場合は、鎖骨が上方に突出しますが、時間がたつと周囲のはれのために、突出は明確には認められなくなります。

検査と診断

 鎖骨の上方突出、鎖骨の外側を上から圧した時のピアノの鍵のような上下の動き、肩鎖関節部に限られた押した時の痛みなどで診断されます。  検査は、立った位置で方向を変えて撮影するX線検査が基本です。必要に応じて、3〜4kgの重りを手首から吊るして撮影するストレス撮影や、他の撮影法を追加することもあります。

治療の方法

 捻挫は、3〜4日間ほど三角巾で手を吊り安静を保ったのちに、徐々に温熱を加えながら関節の動きをもどします。2〜3週間で日常生活動作に支障がなくなる事が多いです!  亜脱臼では1〜2週間ほど三角巾で手を吊り、その後徐々に関節の動きをもどしながら関節周囲の筋力の回復訓練を行います。2カ月間は重い物を下げたり、体を接触させるスポーツは禁止です<(`^´)>  単純な脱臼では、中年以降の事務・管理職には亜脱臼に準じた保存療法が、活動的な若者・重労働者や手を挙げて仕事をする人には手術が行われる事が大半です!

応急処置は痛みの強い時には、三角巾(風呂敷・スカーフを三角形に折ったもので可)で手を吊り、痛む場所を氷などで冷やしましょう!!

以上、肩鎖関節脱臼についてでした!

NONALNUM-gYTjgaw-E

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

名古屋本院052-711-1459 北区上飯田院052-991-7751お気軽にご相談下さい。ヽ(^o^)丿

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.meihoku-bone.jp/index.htmlLink

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

12211

IMG_1076

IMG_3045

— posted by 院長 at 01:46 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

その足のしびれヘルニアかも??名古屋北区、名古屋東区めいほく接骨院

こんにちは!

名古屋市北区上飯田、東区大幸で診療しておりますめいほく接骨院です!

さて今日は椎間板ヘルニアについてお話します。椎間板とは椎体同士の間にあり、中心に髄核がありその周りを繊維輪という丈夫な組織で構成されています。椎間板ヘルニアは椎間板の退行変性(機械的刺激・遺伝的訴因・事故免疫・栄養障害)などの原因による細胞外物質の変化によって繊維輪に断裂が起こり、髄核がそこからはみ出した状態が椎間板ヘルニアです。

30~40代に多く発症し、髄核の脱出方向は後外側になる事が多いです。

【主症状】

■腰痛・疼痛性側弯を伴う腰椎運動制限

■坐骨神経痛

■下肢運動・知覚麻痺

■膀胱・直腸障害

などといった症状があらわれる可能性があります。

治療として当院ではプロテクノエグゼという特殊電気治療を施したり手技により筋肉をほぐしたり、さらには骨盤の歪みもとっていきます。腰が痛くなってしまったり歪んでしまう日常生活に支障が出てしまいますので早めの治療をおおススメします!

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

名古屋本院052-711-1459 北区上飯田院052-991-7751お気軽にご相談下さい。ヽ(^o^)丿

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.meihoku-bone.jp/index.htmlLink

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

12211

IMG_1076

IMG_3045

— posted by 院長 at 08:56 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

必見!5分で簡単に解る腰痛の原因-名古屋市東区大幸 名古屋市北区上飯田

こんにちは!今日は腰痛の主な原因を説明しようと思います。

腰痛の原因はズバリ筋肉が固いからです!

痛みを感じるのは神経なんですが、その神経は筋肉の中を通ってるので筋肉が緊張状態になると圧迫されて痛みにつながるのです。

そしてその筋肉が固くなる原因は大きく2つに分かれます。

1つは使いすぎですもう1つは使わなさすぎです

使いすぎは何となくイメージできると思うのですが、使わなさすぎはあまりイメージつかないですよね?そうなんです!使わないとどんどん固くなっていき筋肉に柔軟性がなくなる結果可動域も悪くなってしまいます。

腰の痛みや重たい感じなどは経験した事ありますか?力仕事やデスクワークをされてる方に限らずずっと同じ作業をしていると体への負担が大きくなり、痛みもひどくなっています。そのほとんどが筋肉の固さによって出ている症状なんですね。

想像してください、あなたは椅子に座って1時間。2時間。3時間。。。。

・・・たえれますか?

いえ、きっとキツイはずです。たとえ腰痛がない人でもずっと同じ姿勢をするとイヤでも痛くなってくるのですがこれを腰が痛い人がやったらどうなりますか?

・・・もっといたくなりますよね 笑。。。

つまり長時間同じ姿勢だったり同じ作業の繰り返しで同じ筋肉を使うので腰への負担が増大してしまいます。

そして固くなった筋肉が何を引き起こすかというと、痛みもそうなんですけど骨を引っ張りカラダの歪みをつくりますこれによりバランスが悪くなった体はさらに負担を抱え痛みを悪化させていきます。

このように悪循環が続いてしまいますのでいち早くこの不のスパイラルからの脱出をおすすめします!

いち早くこの不のスパイラルから脱出するためには何がいいと思いますか?

カラダの歪みを取り除くことです

歪みを整え正常な体になれば筋肉の緊張も取れ痛みの緩和につながります。今自分の体が歪んでいると自覚している方は少ないはずですが実は知らず知らずと日々の負担から歪みがでてきますので腰に痛みがある方、肩こりがひどい方はカラダに歪みがある場合が殆どですので一度歪みを確認しにきてはどうでしょうか?

思い当たる原因がないのに痛みが出てる場合も歪みのパターンがありますから自分の体を知っておくのは大事だとおもいます。当院では歪みを確認するだけではなくご自身で歪みを確認できるようになってますので歪みも痛みも取り、根本的な治療をしていきましょう

興味があるかたは是非ご相談下さい(^_-)-☆

北区上飯田院

診療時間 9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

東区名古屋本院 

診療時間9:00~12:30 15:30~20:00

※土曜日は15:30~18:30 ※日曜日は午前のみの9:00~12:30

名古屋本院052-711-1459 北区上飯田院052-991-7751お気軽にご相談下さい。ヽ(^o^)丿

【めいほく接骨院オフィシャルホームページ】

http://www.meihoku-bone.jp/index.htmlLink

【めいほく接骨院オフィシャルブログ】

http://ameblo.jp/meihoku-bone/Link

【ツイッター】

https://twitter.com/meihokubone1Link

【FACE BOOK】

https://www.facebook.com/meihoku.mutiutiLink

12211

IMG_1076

IMG_3045

— posted by 院長 at 03:26 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0579 sec.
prev
2017.5
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31