産後の骨盤矯正

  • 産後の下半身が太った気がする
  • 産後股関節が痛い
  • 身体が疲れてしんどい
  • 産後骨盤が開いたままなかなか閉じない
  • 妊娠前のズボンがはきたい

産後の骨盤矯正はなぜ必要なの?

妊娠や出産に伴う骨盤の開きを正すのが「産後骨盤矯正」です。

妊娠後、「リラキシン」という靭帯を弛緩させる女性ホルモンが出始めて、 妊娠5~6ヶ月頃くらいになると骨盤内部の圧力が高まります。子宮が小骨盤から大きくせり出すためで、これにより徐々に骨盤上部が開き始めます。

出産時の陣痛が始まると、骨盤のみならず全身の靭帯を弛緩するために、大量のリラキシンが体内に放出されます。産道を赤ちゃんが通りやすくするためです。 本来逆三角形である骨盤が四角になり、この時に骨盤下部が大きく広がります。

その結果骨盤が大きくなり、体型が変わってしまいます。余分な肉がつきやすくなったためです。

普通分娩なら骨盤の上部下部両方が、帝王切開なら骨盤上部が主に広がりますので。 その、出産により開いた骨盤を閉じるための産後専門の骨盤矯正を行います。 産後専門の骨盤の開きを元に戻すためには、産後骨盤矯正が必要です。

産後の骨盤矯正は2種類あります

1.姿勢を正す産後骨盤矯正

妊娠中にお腹がせり出して、骨盤が前にいってしまい、反り腰になってしまっている状態を元の正しい姿勢(緩やかなS字カーブを描く姿勢)に戻すものです。

2.開いた骨盤を閉じる産後骨盤矯正

骨盤を閉じることによって、四角くなっていた骨盤を逆三角形の形に戻すことによって体型を戻していくものです。

産後骨盤矯正の時期は?

骨盤矯正で身体のバランスを整えることによって、
ダイエットにも効果が有ります。

産後の骨盤矯正は、正しい方法で行わないと骨盤に負担をかけ、間違った方法で行うと骨盤がゆがんでしまう状態を作ってしまう恐れのある時期と言われています。

 産後3ヵ月くらいから骨盤矯正を始めるのが最適だと言われています。 産後3ヵ月くらいの時期から産後6ヶ月くらいの時期での骨盤矯正が最も安全に骨盤矯正をすることができます。

また、この時期に産後骨盤ベルトや整体などによって骨盤矯正をすることで、効果的な骨盤矯正ができ、その結果、太ってしまったお腹のお肉、腰回りのお肉、大きくなってしまったお尻や身体全体の脂肪などが骨盤矯正をすることによって身体のバランスを上手に整えてくれます。

そして、骨盤のゆがみが改善され、ダイエットも成功します。

 

矯正しないと様々な問題が起こります

産後の女性の骨盤は広がっており、多くの場合はそれにゆがみが加わっています。 産後に骨盤をゆがんだままにしておくと、骨盤の中にある臓器が圧迫されたり、骨盤周りの血流が悪くなり、月経不順、便秘、痔、尿漏れ、O脚、冷え症、坐骨神経痛、腰痛、むくみなど、女性特有の症状をはじめ、さまざまな問題を抱えることになります。

めいほく接骨院の骨盤矯正は?

当院の施術は、その方その方のお体の状態に合わせて、「骨格」と「筋肉」の2つの側面からソフトにアプローチしていきます。

機能異常を起こす筋肉は骨盤周辺にくっついているため、そこの筋肉を調整していくことで、腰痛やむくみ、背骨のゆがみなどといった、体の不調の根本原因にアプローチすることができます。

当院の骨格調整は痛みがなく、一見骨をなぞっているように見えるかもしれませんが、これは背骨と背骨の間を広げているのです。

背骨と背骨の間を広げることで、神経への圧迫や緊張が緩和・改善されていきます。

この矯正法は、オリンピックの金メダリストやプロ格闘家にも提供されている最高峰の施術法を取り入れた独自の手技(動体療法を基本としためいほく式矯正法)です。

またカイロプラクティック専用のトムソンベッドを用いて、骨盤や背骨を矯正していきます。このベットは、骨盤部・腰椎部・胸椎部・頸椎部がそれぞれ独立して約1㎝程ドロップ(可動式ベットが下に動く)することによって、瞬間的に施術していき骨盤を正常な位置へ戻します。

本当に痛みはなく、自然に骨を動かすことができるので身体への負担が少なく、即効性に優れています。 この施術を受けられた方からは痛みが解消したということに加えて、「身体のバランスが取れて体が軽くなったり、動きやすくなった」、「冷え性や便通が改善した」「足のむくみがとれた」という方が多数いらっしゃいます。

 

 

 

産後のトコちゃんベルト

当院での産後骨盤矯正は、来院した時の施術だけでなく、矯正した状態を保って頂くために産後の骨盤矯正に優れている【トコちゃんベルト】を使用していただいております。 また、着用方法や骨盤体操の仕方を収めたDVDの貸し出しもしております。