サッカー

サッカーをされている方の多いお悩み

→足首を捻って痛みがある

捻挫

多くは足関節を内側に捻ることで発生します。

足を内側に捻ることで足関節の外側の靱帯(前距腓靱帯)を損傷します。

サッカーはボールの競り合いで相手選手との接触も多く、とても激しいスポーツです。

捻挫は起こりやすく、一度捻挫するとしっかり固定をして治さないとクセになってしまう為、捻挫をあまくみないようにしましょう。

例えば、、、

・走ると痛む

・ボールを蹴ると痛む

・歩くのも痛む

・踏み込んだ時軸足が傷む

どんな症状が出るの?

足関節の外側(外くるぶしの下の方)に痛みや腫れが出ます。

ひどいと数日後に皮下出血斑(青あざ)が出現します。受傷直後は痛みの為、立てないこともありますが、しばらくして歩けるようになります。

靱帯の損傷とともに骨折の可能性もあるため腫れや皮下出血斑がひどい場合は整形外科をご紹介させて頂きます。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

捻挫を起こした場合は、もちろん患部への治療も行いますが、関節へのアプローチを重要視しております。

皮膚を傷つけたりすると出血したりするのと一緒で、捻挫を起こすと、中で出血を引き起こし、たんぱく質が流れ、筋肉が固まって、他の健康な筋肉のまで影響を及ぼして、怪我は悪化していきます。

損傷部がかさぶたの様な固まった組織になる可能性があります。そのため、いち早く治療を受けていただくことをオススメします。

電気治療

名古屋市のめいほく接骨院で、ソーマダイン治療を足首に受けているところ

 

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。

各プロスポーツ界でも利用されています。

 
手技療法

痛みの出ている筋や靱帯を中心に柔軟性が出るようにほぐし、足関節の動きに関連する下半身も全体的に診ていきます。