ハンドボール

ハンドボールをされている方の多いお悩み

→肩が痛くて投げられない

 

SLAP(スラップ)損傷

野球やハンドボール、テニスのような肩をよく使うスポーツで発症しやすいスポーツ障害の一つです。野球選手の肩関節唇損傷は野球肩に含まれます。肩関節唇(かたかんせつしん)とは、いわゆる肩関節の周囲を囲むようにある組織で、肩関節の安定性を高める役割があるとされています。関節唇は投球動作による繰り返しの負荷により肩関節の上方の関節唇(上腕二頭筋付着部)が裂離、断裂します。

例えば、、、

・ボールを投げると痛む

・腕を上げると痛む

 

なぜ起きるの・・・?

主な原因は投球の投げ過ぎや悪い投球フォームから起きます。また上腕二頭筋腱の牽引によるものもあります。外傷に伴う場合、肘を伸ばしたままで手を衝き、上腕骨の骨頭が上方に衝かれ損傷したり、コンタクトスポーツ中に腕を引っ張られ損傷する場合もあります。痛みや違和感があるのに治療をせずに練習を続けてしまうことで、手術が必要になることもあります。

 

めいほく接骨院・整体院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

ハンドボールは、かなりスピードが速いボールを投げ続けるために、肩や肘を故障してしまうというプレイヤーの方も多です。

毎日の練習などで投げ込みをおこなっているという場合には、身体のケア・メンテナンスをしないと、肩を上げたときに痛みが出てきたり、あまり上がらなくなってしまうという症状が出てきてしまうことがあります。

 

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、フォームから改善していきます。肩に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、骨盤や背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。

 

○電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

 

 

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

 

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んで投球動作はしないことや効果的なストレッチなどを指導します。痛みが治まってきても投球数は制限することは大切です。また、リハビリメニューとしてインナーマッスル(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)の柔軟性を高めて働きを良くすることと、肩甲骨を正しく動かせるようにすることが大切になります。根本的には投球フォームの修正やスポーツ動作の改善にも取り組む必要があります。

 

「ハンドボール」の画像検索結果

スポーツ外傷の施術料金・施術時間

目安時間は30分~40分、初診の場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

SPT骨格バランス調整法(スポーツ治療)

1000円(税別) ※健康保険適用時

3000円(税別) ※完全自費治療時

テーピング 材料費220円~440円程度

症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 名古屋市 10代 女性

    ハンドボールをしていた際に、転倒し、腰から落下。徐々に痛みが強くなったと来院されました。
    骨には異常はなく、転倒した際に力が入り、筋肉を傷めてしまったと判断しました。
    プロテクノエグゼで電気治療し、SPT骨格バランス調整法でゆがみも整え、手技療法で全身の筋肉も緩めていきました。
    2,3週間ほどで痛みもなくなり、今は元気に練習を再開しています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 名古屋市東区 10代 男性

    ハンドボールの練習中に、肘が痛くなってきたと来院されました。
    使いすぎによる腱鞘炎と判断しました。
    ソーマダインで電気治療し、アイシングで炎症を抑え、テーピングで筋肉のサポートをし、肘周りの筋肉を手技でほぐしました。
    2週間ほどで痛みも徐々に改善され、練習も少しずつ始めていきました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 名古屋市東区 10代 男性 肩の痛み(ハンドボール)

    ハンドボールの練習中に、ボールを投げる際に肩の痛みが出てきて、無理をしながら練習を続けてしまい、投げるのも出来なくなるほどの痛みになり、来院。
    筋肉の炎症と硬さから骨と骨がぶつかり、痛みを出していると判断しました。
    ソーマダイン治療器で炎症を抑え、手技療法で肩周りの筋肉をほぐし、可動域訓練をし、テーピングで固定しました。
    二週間ほどで炎症は治まり、三週間ぐらいで徐々に練習を再開していきました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。