柔道

柔道をされている方の多いお悩み

→投げようとして腰がグキッとなった

 

急性腰痛症(ぎっくり腰)

不自然な姿勢や急な動作などにより生じた腰痛で、正式には急性腰痛症と呼ばれます。急に腰に激痛がはしり、ひどい人は起き上がれないほどの痛みが出ることもあります。

 

例えば、、、

・重い物を持ち上げようとしたら痛みが出た

・くしゃみをしたら痛みが出た

・かがんで起き上がろうとしたら痛んだ

 

なぜ起きるの・・・?

主な原因には、長時間の立ち仕事や中腰などの不自然な体勢、姿勢の悪さ、疲労、運動不足、冷え、肥満、体のかたさ、古傷、ストレスなどがあげられます。中でも、筋肉疲労や背骨のゆがみが蓄積することで起こりやいとされています。また、症状はあるのに、X線やMRIなどの画像検査でも異常が認められず、痛みの原因が特定できないことが多くあります。

 

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

競技者として大会に出たりしている場合には、組手の稽古中や試合中に怪我をしてしまうこともあります。身体には大きな衝撃が加わりますので、打撲を負ってしまったり、捻挫をしてしまったりなどさまざまです。

ひどい場合には靭帯を損傷してしまったりすることもあります。

 

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善していきます。腰に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、骨盤・背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。

 

電気治療

プロテクノEXEは、その特徴である、低周波・中周波・高周波を組み合わせたトリニティウエーブにより、深層部の神経に対して直接届いて刺激を与え、急性期の症状から慢性化した症状まで確実に結果の出る治療を実現します。普段使われていない筋肉を刺激し、神経がその刺激を脳に伝えることでその筋肉を使うように認識させることにより、 神経痛・肩こり・膝痛・腰痛などの緩和から 筋肉の引き締め、基礎代謝量の向上、血液循環の改善(毒素排出)、身体の歪みの矯正、自律神経の正常化などを効率的に促します。

 

テーピング(伸縮性あり)・コルセット

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。コルセットの役割は、腹部を適度に圧迫して腹圧を上げ、体を内側から支えて腰椎への負担を軽減してくれます。

生活指導

痛みが強い場合は安静が一番です。痛みが緩和して動けるようになっても重いものを持ち上げるなど、腰に負担がかかる動作をする際は十分に注意してください。腰の痛みを繰り返さない為にもストレッチや、体幹のトレーニングを指導していきます。一日も早い練習の復帰を目指していきましょう。

スポーツ外傷の施術料金・施術時間

目安時間は30分~40分、初診の場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

SPT骨格バランス調整法(スポーツ治療)

1000円(税別) ※健康保険適用時

3000円(税別) ※完全自費治療時

テーピング 材料費220円~440円程度

症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 名古屋市 20代 男性

    柔道の大会中に膝が痛くなったと来院。
    腫れや熱感があり、骨に異常はないものの靭帯の損傷と炎症だと判断し、
    炎症を抑えるソーマダインで電気治療をし、アイシングとテーピングで様子をみました。
    徐々に痛みも治まってきたところでマッサージも開始ししていきました。
    3週間ほどで痛みもなくなり少しづつ練習も再開していきまし。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 名古屋市 10代 女性

    柔道部の練習中に、投げられ腰から落下。
    レントゲンで骨には異常はなく、転倒した際に力が入り、筋肉を傷めてしまったと判断しました。
    プロテクノエグゼで電気治療し、手技療法で全身の筋肉も緩めていきました。
    2,3週間ほどで痛みもなくなり、練習も再開できました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 名古屋市東区 10代 男性 肩の痛み(柔道)

    柔道の練習中の乱取り中に投げられた際、肩から着地して痛みが出たと来院。
    整形外科に行き、骨には異常なく、脱臼の心配もないということで、筋肉の痛みと判断。
    ソーマダインで電気治療し、アイシング、肩周りのマッサージとテーピングで固定しました。
    一週間程度で痛みが軽くなって、練習を徐々にしながらも治療を続けて様子をみています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。