労災保険治療

  • 工場で機械を操作中に手を怪我してしまった
  • 現場で荷物を運ぶ際にギックリ腰になった
  • 通勤中に交通事故に遭ってしまった
  • 会社の階段で足を捻って捻挫してしまった
  • トラックの荷台から落ちて足首を捻挫してしまった

めいほく接骨院は労災指定の接骨院です
窓口負担は実質0円です

労災保険治療とは?

労災保険治療が適用されるケースは、通勤途中、仕事中の負傷の治療やリハビリに適用されます。あまり知られていないのですが、仕事中に原因があって発生した怪我については健康保険ではなく、労災保険が適用されます。

業務中ではなくても、「休憩時間」や「仕事上での移動中」なども業務上として認められます。正社員以外の、アルバイトやパート勤務も適用されます。

骨折、捻挫、腰痛、打撲、むち打ちなど怪我の治療だけでなく、手術をした後のリハビリも適用可能です。

労災保険治療Q&A

治療費は?

労災保険の適用となりますので、窓口負担はございません。

実質0円

手続きは?

「柔道整復師用」の労災用紙【様式第7号(3)】が必要です。事業主より毎月署名・捺印が必要な書類となります。 労災に必要な書類は、業務上での労災と通勤中の労災で異なります。 <業務上の労災の場合(通勤中以外)> 用紙は、お勤めの会社からもらうことができます。

■ 職場での怪我様式第7号(3) ダウンロードページはこちら

<通勤中の労災の場合(業務上以外)> 用紙は、お勤めの会社からもらうことができます。

■ 通勤災害(交通事故)様式第16号の5(3) ダウンロードページはこちら

こちらの用紙があれば、労災の保険請求や面倒な書類作成などは当院が代行して行えます。

 

転院・同時通院はできる?

めいほく接骨院は、労災指定医療機関の認定院となりますので、転院されても問題はございません。 定期的な整形外科での診察と、接骨院での施術リハビリは同時通院も可能です。 痛みを早期回復したい、後遺症を残したくないためリハビリをしっかりと行いたいなどございましたら、ご相談ください。

 

労災保険適用のメリット
  1. 窓口での一部負担金の支払いが必要なし
  2. 通勤災害・業務災害による休業は、休業補償がもらえる (給付基礎日額の6割、特別支給金2割)
  3. 負傷が複雑で長期療養が必要な場合は、療養補償及び程度により後遺障害補償を受けることができる

仕事(業務)中、通勤中に負傷した際は、早期の職場復帰を計るために労災保険を活用されることをお勧めいたします。