ラグビー

ラグビーをされている方の多いお悩み

 

→タックルをされて横腹に激痛がはしった

 

胸部・背部打撲

ラグビーは相手選手との接触も多く、とても激しいスポーツです。背中や胸、肩をぶつけたりすることで直接打撃を受けることで発生します。肋骨骨折や胸腔内臓器の損傷も同様の機序で発生するので、慎重に見極める必要があります。特に、青少年期までの人の肋骨は弾力性に富むため肋骨骨折を伴わない胸腔内臓器損傷がみられ、外観の状態と損傷の程度が平衡しない場合がみられるので注意が必要です。

 

例えば、、、

・タックルした時に背中を痛めた

・横腹に激痛がはしった

・咳やくしゃみでも痛みがある

・腫れは軽度だが、皮下出血(青あざ)がある

・身体を捻ったり、伸ばしたりすると痛い

 

 

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

相手選手との接触も多く、とても激しいスポーツです。肩や腕、膝をぶつけたり、足をくじいたりと怪我がかなり多く、日常生活にも支障が出てきます。軽い痛みや違和感があるという場合、無理して続けてしまうことによって、痛みが強くなって、プレイ中だけではなく日常的に痛みが続いてしまうということもあるのです。早めに施術を開始して、早期にプレイ復帰が出来るようにします。

 

 

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

 

 

RICE処置

Rest(安静)、Ice(アイス=冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(拳上)、Support(固定)

応急処置時に必要な5つの処置の頭文字を取って「RICE(S)」処置と呼びます。「RICE(S)」処置を損傷直後に行うことで治癒を早め、競技への復帰を早めることができます。痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

 

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休みましょう。痛みが治まってきたら効果的なストレッチや筋力トレーニングなどを指導します。軽い痛みや違和感があるという場合、無理して続けてしまうことによって、痛みが強くなって、プレイ中だけではなく日常的に痛みが続いてしまうということもあるのです。早めに施術を開始して、早期にプレイ復帰が出来るようにします。

 

「ラグビー 画像」の画像検索結果