東区 ナゴヤドーム近く!

    めいほく接骨院 名古屋本院

    〒461-0043 名古屋市東区大幸1-5-2
    地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅徒歩3分

  • アクセス・診療時間

    北区 上飯田バスターミナル前!

    めいほく接骨院 北区上飯田院

    〒461-0018 名古屋市北区上飯田通1-15
    地下鉄、名鉄、市バス 上飯田駅徒歩1分

  • アクセス・診療時間

受付時間

午前9:00~午後12:30
午後3:30~午後8:00
(△土曜日は ~午後6:30まで)
●休診日/日曜午後、祝日

東区 ナゴヤドーム近く! めいほく接骨院 名古屋本院

〒461-0043 名古屋市東区大幸1-5-23 地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅徒歩3分

アクセス・診療時間

お問い合わせ

052-711-1459
名古屋市東区大幸1丁目5-23
各種保険・労災、交通事故取扱い
※初めてのかたは保険証をお持ち下さい。

フォームでのお問い合わせ

質問等お気軽にご相談下さい

主な施術対象症状

肩こり・五十肩・腰痛・背部痛・股関節痛・膝関節痛・手足のしびれ・足のむくみ・O脚・X脚・側湾・冷え性・外反母趾・頭痛・不眠・生理痛・むち打ち症・骨折・打撲・捻挫・脱臼・スポーツ障害・腱鞘炎・顎関節症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・骨盤のゆがみ

患者様の主な来院実績

名古屋市内( 東区 | 守山区 | 千種区 | 北区 | 中区 | 中村区 | 中川区 | 南区 | 天白区 | 緑区 | 港区 | 西区 | 名東区 | 熱田区 | 瑞穂区 | 昭和区)
及び隣接近郊市町村( 尾張旭市|瀬戸市 | 長久手市 | 春日井市|多治見市|土岐市 | 瑞浪市 | 豊山町|北名古屋市 | 小牧市 | 可児市 他

北区 上飯田バスターミナル前! めいほく接骨院 北区上飯田院

〒461-0018 名古屋市北区上飯田通1-15 地下鉄、名鉄、市バス 上飯田駅徒歩1分

アクセス・診療時間

お問い合わせ

052-991-7751
名古屋市北区上飯田通1丁目15番地
各種保険・労災、交通事故取扱い
※初めてのかたは保険証をお持ち下さい。

フォームでのお問い合わせ

質問等お気軽にご相談下さい

主な施術対象症状

肩こり・五十肩・腰痛・背部痛・股関節痛・膝関節痛・手足のしびれ・足のむくみ・O脚・X脚・側湾・冷え性・外反母趾・頭痛・不眠・生理痛・むち打ち症・骨折・打撲・捻挫・脱臼・スポーツ障害・腱鞘炎・顎関節症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・骨盤のゆがみ

患者様の主な来院実績

名古屋市内( 北区 | 東区 | 守山区 | 西区 | 中区 | 中村区 | 中川区 | 南区 | 天白区 | 緑区 | 港区 | 千種区 | 名東区 | 熱田区 | 瑞穂区 | 昭和区)
及び隣接近郊市町村( 小牧市|北名古屋市 | 春日井市 | 豊山町|扶桑町|大口町|江南市|犬山市 | 鵜沼 | 可児市|尾張旭市 | 瀬戸市 他

スポーツ障害・外傷でお悩みの方

患者様お一人おひとりの立場で、適切なアドバイスをいたします。

お仕事を頑張るためにも身体が資本です!身体が悲鳴を上げる前にメンテナンスをしませんか?

野球をされている方の多いお悩み

投球時に肘の内側が痛む

野球肘

野球の投球による肘部の障害、特に肘の内側の炎症(内側上顆炎)を野球肘と総称していますが、ゴルフやテニス(フォアハンド)などのスポーツでも発生する障害です。小学生~高校生多く発生し、身体が大きく成長する時期に繰り返し練習を重ねていることで、関節部分に負担がかかってしまって障害が起こります。また、成長期(少年期)の過剰な投球動作などにより発生する野球肘はリトルリーガー肘とも言います。

例えば、、、

・肘の曲げ伸ばしをすると痛む

・投球動作時に痛む

・物を持ち上げたり、力を入れたりすると痛む

・肘の内側を押すと痛む

なぜ起きるの・・・?

主な原因はピッチャーによる投球の投げ過ぎや悪い投球フォームから起きます。多くのピッチャーは腰から下半身の動きがうまく連動できておらず、腕だけで投げようとしてしまっています。そのため、腕に負荷がかかりすぎて痛みにつながってしまいます。痛みや違和感があるのに治療をせずに練習を続けてしまうことで、手術が必要になることもあります。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

野球選手にはさまざまなスポーツ障害が起こる可能性がありますが、その中でも特に多いのが投球障害です。

小学生~高校生多く発生し、身体が大きく成長する時期に繰り返し練習を重ねていることで、関節部分に負担がかかってしまって障害が起こります。痛みや違和感があるのに野球の治療をせずに練習を続けてしまうことで、手術が必要になることもあるので早期の治療をおススメします。

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、投球フォームから改善していきます。肘に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、肘と関連が深い肩や手首、背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。プレイ後にも身体に疲れやダルさ、痛みなどが残らないようにもなります。

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

アイシング

痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んで投球動作はしないことや効果的なストレッチなどを指導します。痛みが治まってきても投球数は制限することは大切です。また無理をして投げると再発を繰り返し、将来的にピッチャーはできない体になってしまう可能性もあります。

サッカーをされている方の多いお悩み

→足首を捻って痛みがある

捻挫

多くは足関節を内側に捻ることで発生します。足を内側に捻ることで足関節の外側の靱帯(前距腓靱帯)を損傷します。サッカーはボールの競り合いで相手選手との接触も多く、とても激しいスポーツです。捻挫は起こりやすく、一度捻挫するとしっかり固定をして治さないとクセになってしまう為、捻挫をあまくみないようにしましょう。

例えば、、、

・走ると痛む

・ボールを蹴ると痛む

・歩くのも痛む

・踏み込んだ時軸足が傷む

どんな症状が出るの?

足関節の外側(外くるぶしの下の方)に痛みや腫れが出ます。ひどいと数日後に皮下出血斑(青あざ)が出現します。受傷直後は痛みの為、立てないこともありますが、しばらくして歩けるようになります。靱帯の損傷とともに骨折の可能性もあるため腫れや皮下出血斑がひどい場合は整形外科をご紹介させて頂きます。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

捻挫を起こした場合は、もちろん患部への治療も行いますが、関節へのアプローチを重要視しております。皮膚を傷つけたりすると出血したりするのと一緒で、捻挫を起こすと、中で出血を引き起こし、たんぱく質が流れ、筋肉が固まって、他の健康な筋肉のまで影響を及ぼして、怪我は悪化していきます。損傷部がかさぶたの様な固まった組織になる可能性があります。そのため、いち早く治療を受けていただくことをオススメします。

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

手技療法

痛みの出ている筋や靱帯を中心に柔軟性が出るようにほぐし、足関節の動きに関連する下半身も全体的に診ていきます。

RICE処置

Rest(安静)、Ice(アイス=冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(拳上)、Support(固定)

応急処置時に必要な5つの処置の頭文字を取って「RICE(S)」処置と呼びます。「RICE(S)」処置を損傷直後に行うことで治癒を早め、競技への復帰を早めることができます。

テーピング(伸縮性あり)・サポーター

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。サポーターは緩んだ関節の固定を助けてくれるため、痛みが引いて動き出す際の最初の段階ではサポーターを巻くことをオススメします。

生活指導

まずはしっかりと痛みをとることが先決です。そのためには練習は休むべきです。痛みを残したまま練習に復帰しなければならない場合は練習後のアイシングやストレッチを入念に行う必要があります。テーピングやサポーターも使って関節にゆるみが出ないようにしなければいけません。最初にも書いたように捻挫はしっかり治さなければクセになります。そうならないためにも治療は最後まで行いましょう。

バスケットボールをされている方の多いお悩み

→ジャンプ着地時に膝に痛みがある

膝の靱帯損傷

バスケットボールによる怪我には膝の靭帯損傷、突き指、肩の脱臼など全身に可能性がありますが、ジャンプ動作が多いスポーツですので、膝に負担がかかり膝の靱帯(前十時靱帯、側副靱帯)を損傷してしまいます。前十時靱帯の損傷はジャンプの着地などで、大腿四頭筋(太もも)の筋力が発生に関与していると考えられます。側副靱帯は急な方向転換で膝に強い力が加わることで損傷しやすくなります。

例えば、、、

・ジャンプの着地時に痛みがでる

・急停止をして痛みがでた

・急な方向転換で痛みがでた

どんな症状が出るの?

前十字靱帯の損傷では、受傷直後から痛みと膝の不安定感がありスポーツ続行は困難になります。受傷数時間後から膝関節周りの腫れや腫れがひどくなると膝の屈曲が制限されます。側副靱帯の損傷では受傷した部位を押さえると痛みや腫れがあります。どちらの靱帯損傷も断裂などの重症例では断裂音を聞くことがあります。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

靱帯損傷の程度により、部分断裂か完全断裂かに分かれます。部分断裂の場合は、安静、冷却、筋トレ、テーピングなどを行う事で、早期のスポーツ復帰を目指します。完全断裂の場合は手術が必要になってくるため整形外科をご紹介させて頂きます。

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、全身のバランスを診て正しい身体の使い方が出来るようにしていきます。歪みを正しい位置にし、バスケットボールによる怪我をしにくい身体作りをします。

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

手技療法

痛みの出ている筋や靱帯を中心に柔軟性が出るようにほぐし、関連する腰部や下半身も全体的に診ていきます。全身の筋肉のバランスを整えていきます。

アイシング

痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

テーピング(伸縮性あり)・サポーター

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。サポーターは緩んだ関節の固定を助けてくれるため、痛みがある場合や痛みが引いて動き出す際の最初の段階ではサポーターを巻くことをオススメします。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んで走る動作はしないことや効果的なストレッチなどを指導します。痛みが治まってきても練習を制限することは大切です。焦らずまた無理をして投げると再発を繰り返し、将来的にピッチャーはできない体になってしまう可能性もあります。

ゴルフをされている方の多いお悩み

→スイングをすると肘の内側に痛みがある

上腕内側上顆炎

ゴルフのスイングによる肘部の障害、特に肘の内側の炎症(内側上顆炎)を一般には野球肘と総称していますが、ゴルフやテニス(フォアハンド)などのスポーツでも発生する障害です。

例えば、、、

・肘の曲げ伸ばしが痛い

・物を持ち上げるのが痛い

・肘の内側を押すと痛い

どんな症状?

肘の内側(内側上顆部)の痛み、腫れ、圧痛、軽度の伸展障害、ゴルフではスイング時に痛みがあり、日常生活において物を持ち上げたり力を入れる動作で痛みが増します。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、スイングフォームから改善していきます。肘に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、肘と関連が深い肩や手首、背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。プレイ後にも身体に疲れやダルさ、痛みなどが残らないようにもなります。

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

アイシング

痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んでスイング動作はしないことや効果的なストレッチなどを指導します。痛みが治まってきても練習は制限することは大切です。ゴルフはかなりハードなスポーツであり、痛みが出てしまうと、思うようにプレイが出来なくなってしまいますので、軽い痛みであっても我慢せずにしっかりゴルフ障害に対しての施術をしていくのをオススメします。

テニスをされている方の多いお悩み

→サーブ時に肘の外側に痛みがある

テニス肘

一般的に、テニスのバックハンドストロークで発生する肘の外側(上腕骨外側上顆炎)による疼痛性運動障害をテニス肘と総称します。原因としては使い過ぎであり、初心者やラケットを支える筋力の弱い40~50歳の女性によく起こります。この障害は、ゴルフやバトミントンなどほかのスポーツ障害として、また手をよく使う作業をする人にも多発します。

例えば、、、

サーブ時に激痛が走り、腕に力が入らない

・腕の外側が痛い 

・力を入れると痛む

どんな症状?

手首を曲げ伸ばしした時やラケットのグリップ時の肘から前腕にかけての痛みや局所の圧痛、熱感がある場合があります。日常生活では物を持ち上げたり、タオルを絞る動作などで痛みが出やすくなります。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、スイングフォームから改善していきます。肘に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、肘と関連が深い肩や手首、背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。プレイ後にも身体に疲れやダルさ、痛みなどが残らないようにもなります。

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

アイシング

痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んでスイング動作はしないことや効果的なストレッチなどを指導します。痛みが治まってきても練習は制限することは大切です。テニスは実際にプレイをしてみるとかなり運動量が多く激しいスポーツであり、怪我やスポーツ障害を負ってしまうことも多く、かなり強い痛みを伴うものも多いためテニスでの怪我や障害を起こしてしまった場合には早めの施術開始をオススメいたします。

陸上をされている方の多いお悩み

→すねの内側に痛みがある

シンスプリント

ランニング、ジャンプ、ターン、ストップなどに伴う足関節の反復動作により、ふくらはぎの内側や後面に疲労が起こり、足の筋肉の伸展性低下を引き起こし、その結果、ふくらはぎの後面内側筋群の引っ張りによりすねの骨に損傷や炎症をきたします。さらに、足部の疲労によるショック吸収能の低下や足関節の変形も原因となります。

例えば、、、

・骨の痛みのような感じがある  

・押すと痛い

・歩くのも痛む

どんな症状?

すね(脛骨)の内側に沿った痛み、圧痛があります。また、ストレッチで伸ばしても痛みがあったり、歩いたり、走ったりしても痛み出ます。偏平足や回内足、膝外反などのアライメント異常が見られれば過労性骨膜炎を引き起こす可能性が高くなります。ひどいとすねの骨が疲労骨折することもあり、疲労骨折だった場合でも発生後すぐにはレントゲンには写りません。数日間経過したものであれば徐々にレントゲンに写ってくるものもあります。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

陸上はかなりハードなスポーツであり、痛みが出てしまうと、思うようにプレイが出来なくなってしまいますので、軽い痛みであっても我慢せずにしっかり障害に対しての施術をしていくのをオススメします。

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、ランニングフォームから改善していきます。足に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、骨盤や、背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

アイシング

痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んで効果的な下腿三頭筋(ふくらはぎ)のストレッチなどを指導します。痛みが治まってきてもまた無理をして運動をすると再発を繰り返してしまうので完全に治しきることと、ランニングフォームの改善と筋力アップを指導していきます。

柔道をされている方の多いお悩み

→投げようとして腰がグキッとなった

急性腰痛症(ぎっくり腰)

不自然な姿勢や急な動作などにより生じた腰痛で、正式には急性腰痛症と呼ばれます。急に腰に激痛がはしり、ひどい人は起き上がれないほどの痛みが出ることもあります。

例えば、、、

・重い物を持ち上げようとしたら痛みが出た

・くしゃみをしたら痛みが出た

・かがんで起き上がろうとしたら痛んだ

なぜ起きるの・・・?

主な原因には、長時間の立ち仕事や中腰などの不自然な体勢、姿勢の悪さ、疲労、運動不足、冷え、肥満、体のかたさ、古傷、ストレスなどがあげられます。中でも、筋肉疲労や背骨のゆがみが蓄積することで起こりやいとされています。また、症状はあるのに、X線やMRIなどの画像検査でも異常が認められず、痛みの原因が特定できないことが多くあります。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

競技者として大会に出たりしている場合には、組手の稽古中や試合中に怪我をしてしまうこともあります。身体には大きな衝撃が加わりますので、打撲を負ってしまったり、捻挫をしてしまったりなどさまざまです。

ひどい場合には靭帯を損傷してしまったりすることもあります。

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善していきます。腰に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、骨盤・背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。

電気治療

プロテクノEXEは、その特徴である、低周波・中周波・高周波を組み合わせたトリニティウエーブにより、深層部の神経に対して直接届いて刺激を与え、急性期の症状から慢性化した症状まで確実に結果の出る治療を実現します。普段使われていない筋肉を刺激し、神経がその刺激を脳に伝えることでその筋肉を使うように認識させることにより、 神経痛・肩こり・膝痛・腰痛などの緩和から 筋肉の引き締め、基礎代謝量の向上、血液循環の改善(毒素排出)、身体の歪みの矯正、自律神経の正常化などを効率的に促します。

テーピング(伸縮性あり)・コルセット

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。コルセットの役割は、腹部を適度に圧迫して腹圧を上げ、体を内側から支えて腰椎への負担を軽減してくれます。

生活指導

痛みが強い場合は安静が一番です。痛みが緩和して動けるようになっても重いものを持ち上げるなど、腰に負担がかかる動作をする際は十分に注意してください。腰の痛みを繰り返さない為にもストレッチや、体幹のトレーニングを指導していきます。一日も早い練習の復帰を目指していきましょう。

「柔道 画像」の画像検索結果

ラグビーをされている方の多いお悩み

→タックルをされて横腹に激痛がはしった

胸部・背部打撲

ラグビーは相手選手との接触も多く、とても激しいスポーツです。背中や胸、肩をぶつけたりすることで直接打撃を受けることで発生します。肋骨骨折や胸腔内臓器の損傷も同様の機序で発生するので、慎重に見極める必要があります。特に、青少年期までの人の肋骨は弾力性に富むため肋骨骨折を伴わない胸腔内臓器損傷がみられ、外観の状態と損傷の程度が平衡しない場合がみられるので注意が必要です。

例えば、、、

・タックルした時に背中を痛めた

・横腹に激痛がはしった

・咳やくしゃみでも痛みがある

・腫れは軽度だが、皮下出血(青あざ)がある

・身体を捻ったり、伸ばしたりすると痛い

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

相手選手との接触も多く、とても激しいスポーツです。肩や腕、膝をぶつけたり、足をくじいたりと怪我がかなり多く、日常生活にも支障が出てきます。

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

RICE処置

Rest(安静)、Ice(アイス=冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(拳上)、Support(固定)

応急処置時に必要な5つの処置の頭文字を取って「RICE(S)」処置と呼びます。「RICE(S)」処置を損傷直後に行うことで治癒を早め、競技への復帰を早めることができます。痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休みましょう。痛みが治まってきたら効果的なストレッチや筋力トレーニングなどを指導します。軽い痛みや違和感があるという場合、無理して続けてしまうことによって、痛みが強くなって、プレイ中だけではなく日常的に痛みが続いてしまうということもあるのです。早めに施術を開始して、早期にプレイ復帰が出来るようにします。

ハンドボールをされている方の多いお悩み

→肩が痛くて投げられない

 SLAP(スラップ)損傷

野球やハンドボール、テニスのような肩をよく使うスポーツで発症しやすいスポーツ障害の一つです。野球選手の肩関節唇損傷は野球肩に含まれます。肩関節唇(かたかんせつしん)とは、いわゆる肩関節の周囲を囲むようにある組織で、肩関節の安定性を高める役割があるとされています。関節唇は投球動作による繰り返しの負荷により肩関節の上方の関節唇(上腕二頭筋付着部)が裂離、断裂します。

例えば、、、

・ボールを投げると痛む

・腕を上げると痛む

なぜ起きるの・・・?

主な原因は投球の投げ過ぎや悪い投球フォームから起きます。また上腕二頭筋腱の牽引によるものもあります。外傷に伴う場合、肘を伸ばしたままで手を衝き、上腕骨の骨頭が上方に衝かれ損傷したり、コンタクトスポーツ中に腕を引っ張られ損傷する場合もあります。痛みや違和感があるのに治療をせずに練習を続けてしまうことで、手術が必要になることもあります。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

ハンドボールは、かなりスピードが速いボールを投げ続けるために、肩や肘を故障してしまうというプレイヤーの方も多です。

毎日の練習などで投げ込みをおこなっているという場合には、身体のケア・メンテナンスをしないと、肩を上げたときに痛みが出てきたり、あまり上がらなくなってしまうという症状が出てきてしまうことがあります。

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、フォームから改善していきます。肩に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、骨盤や背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。

○電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んで投球動作はしないことや効果的なストレッチなどを指導します。痛みが治まってきても投球数は制限することは大切です。また、リハビリメニューとしてインナーマッスル(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)の柔軟性を高めて働きを良くすることと、肩甲骨を正しく動かせるようにすることが大切になります。根本的には投球フォームの修正やスポーツ動作の改善にも取り組む必要があります。

「ハンドボール」の画像検索結果

スキー・スノーボードをされている方の多いお悩み

→転んで肩や腰を打った

→膝関節が痛くなった

→手を衝いた時に肘に痛みが出た

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

速いスピードで連続して左右にターンやゲレンデの地形に合わせて上下に吸収する動きを行うスノーボード・スキー。特に膝や腰に大きく負担を強いられます。また転倒などで骨折や脱臼、挫傷などの怪我やスポーツ障害を負ってしまうことも多く、かなり強い痛みを伴うものもあります。気温の低い環境というのもあり、体内の血液循環が滞りがちで冷え性も。怪我や障害を起こしてしまった場合には早めの施術開始をオススメいたします。

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、フォームから改善していきます。痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、骨盤や背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。

電気治療

プロテクノEXEは、その特徴である、低周波・中周波・高周波を組み合わせたトリニティウエーブにより、深層部の神経に対して直接届いて刺激を与え、急性期の症状から慢性化した症状まで確実に結果の出る治療を実現します。普段使われていない筋肉を刺激し、神経がその刺激を脳に伝えることでその筋肉を使うように認識させることにより、 神経痛・肩こり・膝痛・腰痛などの緩和から 筋肉の引き締め、基礎代謝量の向上、血液循環の改善(毒素排出)、身体の歪みの矯正、自律神経の正常化などを効率的に促します。

アイシング

肘や膝、足首などを捻ったりした際に、痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、効果的なストレッチなどを指導します。痛みが治まってきても完全に痛みが無くなるまでは動かさないことが大切です。

「スノーボード ゲレンデ」の画像検索結果

めいほく接骨院 名古屋本院

診療受付時間:午前9:00~午後12:30 午後3:30~午後8:00

※予約制ですので、当院まで必ず事前にお電話下さい
△土曜は午後3:30~午後6:30まで
●休診日:祝日
●各種健康保険・労災・交通事故治療取扱い致します。
●交通事故の治療受付は21時まで行います。

駐車場3台完備

458 シゴハチGroup めいほく接骨院 名古屋本院

TEL:052-711-1459
名古屋市東区大幸1丁目5-23
各種保険・労災、交通事故取扱い
地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅から徒歩3分!

めいほく接骨院 北区上飯田院

診療受付時間:午前9:00~午後12:30 午後3:30~午後8:00

※予約制ですので、当院まで必ず事前にお電話下さい
△土曜は午後3:30~午後6:30まで
●休診日:祝日
●各種健康保険・労災・交通事故治療取扱い致します。
●交通事故の治療受付は21時まで行います。

駐車場3台完備

458 シゴハチGroup めいほく接骨院 北区上飯田院

TEL:052-991-7751
名古屋市北区上飯田通1丁目15番地
各種保険・労災、交通事故取扱い
地下鉄、名鉄、市バス上飯田駅から徒歩1分!