捻挫・挫傷・肉離れ・打撲

  • 部活動で捻挫をしてしまった
  • 肉離れを起こしたが、早く試合復帰したい
  • 早く痛みをとりたい
  • 打撲をしてしまったが応急処置をしてほしい
  • 捻挫を何度も繰り返してしまう

捻挫・座礁・肉離れ・打撲でお悩みの方へ

一般的な、捻挫・挫傷・肉離れ・打撲などの怪我では、包帯固定、アイシング、テーピングなどで怪我の様子を見ることが多く、改善するまでに時間がかかります。

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合は、骨に異常があるわけではありませんが、筋肉組織や筋繊維が損傷している状態になります。

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲をそのままにしておくと、治りが遅くなったり、痛みが残ってしまったり、返って痛みが強くなってしまうケースも多いです。

特に、悪いクセがついてしまうと、何度も同じ箇所を傷めやすくなることもあります。 そのため、早い段階で適切な治療や怪我のリハビリを受けることが重要です。

名古屋市東区、めいほく接骨院の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の施術方法

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合は、筋肉組織や筋繊維が損傷している状態になるので、患部に腫れや炎症が出ている事が多いです。

そのため、損傷している部分に極力負担がかからないように施術した上で、細胞を活性化させ怪我を早期に回復させる特殊治療器を用いて施術します。 (オリンピック選手の怪我の治療や、トップアスリートのコンディショニングにも使用される治療器です)

 

通常の包帯固定や、アイシング、テーピングなどで様子を見るだけではなく、細胞を活性化させ自己回復力を最大限に発揮させられる状態を作っていきます。 そのため、骨折や靱帯・筋肉など軟部組織の怪我も早期回復するだけではなく、その後再発しづらい強い状態を実現していきます。

プロスポーツの世界では、単純に痛みがなくなるだけではなく、競技復帰やパフォーマンスアップが求められるため、当院で使用しているような専門の機器を用いて施術を行っております。

めいほく接骨院 名古屋本院では、トップアスリートに提供されている最新技術を一般の方に提供することで、完治後の動作や、スポーツのパフォーマンスも落ちないように施術することを心がけています。 「捻挫・挫傷・肉離れ・打撲を早期回復させたい」「怪我の後に後遺症を残したくない」という方にお勧めの施術です。

交通事故後の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合の対処法

交通事故の怪我で、レントゲンでは異常なしと言われる「捻挫、挫傷、肉離れ、打撲」に関しては、接骨院での治療、リハビリをお勧めします。

怪我で多く診られる捻挫・挫傷・肉離れ・打撲は、レントゲン検査では異常なしと言われます。 レントゲン検査で異常がないということは、あくまで骨に異常がないという事で、筋肉組織や筋繊維などが傷ついているケースがほとんどです。

足首や腕、手首の筋肉や靭帯は、レントゲン検査で写らないので、異常なしとの診断が出ますが、ただ固定して様子を見るだけではなく、しっかりと患部を修復する為の治療を行う必要があります。

怪我をした後に、適切な施術を行わないと、後遺症を残す事になったり、捻挫が癖づいたりします。 当院の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の治療は、通常自費診療では1回当たり3,240円~4,000円前後の専門的な施術方法となります。(自賠責保険適用の場合は、自己負担0円でこれらの専門施術を受けることが可能です)

施術内容としては、一般的な固定や、テーピングだけではなく、オリンピック選手にも使われる、怪我とリハビリに特化した施術内容です。 プロスポーツの世界では、怪我の後に痛みを取り除くだけではなく、早期の競技復帰やパフォーマンスアップ、怪我の予防も含めた高いレベルまで求められます。

プロスポーツ選手に提供される技術を、交通事故の怪我やリハビリに応用することで、痛みを取り除くだけではなく、後遺症を残さず、早期回復をできるように施術を行っています。