テニス

テニスをされている方の多いお悩み

 

→サーブ時に肘の外側に痛みがある

 

テニス肘

一般的に、テニスのバックハンドストロークで発生する肘の外側(上腕骨外側上顆炎)による疼痛性運動障害をテニス肘と総称します。原因としては使い過ぎであり、初心者やラケットを支える筋力の弱い40~50歳の女性によく起こります。この障害は、ゴルフやバトミントンなどほかのスポーツ障害として、また手をよく使う作業をする人にも多発します。

 

例えば、、、

・サーブ時に激痛が走り、腕に力が入らない

・腕の外側が痛い

・力を入れると痛む

 

どんな症状?

手首を曲げ伸ばしした時やラケットのグリップ時の肘から前腕にかけての痛みや局所の圧痛、熱感がある場合があります。日常生活では物を持ち上げたり、タオルを絞る動作などで痛みが出やすくなります。

 

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状に合わせて、下記の治療方法を組み合わせてオーダーメイドの治療をしていきます。

テニスは実際にプレイをしてみるとかなり運動量が多く激しいスポーツであり、怪我やスポーツ障害を負ってしまうことも多く、かなり強い痛みを伴うものも御座いますので、テニスでの怪我や障害を起こしてしまった場合には早めの施術開始をオススメいたします。

 

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、スイングフォームから改善していきます。肘に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、肘と関連が深い肩や手首、背骨なども調整していきます。身体全体のバランスを調整していくと共に、根本からの施術をおこなっていきます。プレイ後にも身体に疲れやダルさ、痛みなどが残らないようにもなります。

 

電気治療

微弱電流治療器のソーマダインは、特殊な波動信号の微弱電流を患部に流すことによって、細胞レベルまで入り込み組織の再生に必要な蛋白質の合成を促進させ、痛んだ組織の修復を促します。 各プロスポーツ界でも利用されています。

 

アイシング

痛みが強い間は炎症を抑えるためにアイシングをします。痛みが出た早い段階で患部を冷やすことが早期治療につながります。

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さらに筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予防にもなります。

 

生活指導

痛みが治まるまでは安静にし、練習は休んでスイング動作はしないことや効果的なストレッチなどを指導します。痛みが治まってきても練習は制限することは大切です。テニスは実際にプレイをしてみるとかなり運動量が多く激しいスポーツであり、怪我やスポーツ障害を負ってしまうことも多く、かなり強い痛みを伴うものも多いためテニスでの怪我や障害を起こしてしまった場合には早めの施術開始をオススメいたします。