坐骨神経痛

  • シビレがおしりから足にかけてある
  • 動くとシビレがきつくなる
  • 足に力が入りにくい
  • 腰やお尻を触ると感覚がおかしい
  • 痛くて座っていることができない

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは・・・

坐骨神経痛は病名ではなく症状です。

つまり坐骨神経痛は風邪やインフルエンザではなく、

発熱や咳などと同じように、疾患などの状態の一部を表したものになります。

坐骨神経痛は腰痛の後に引き続いて起こることが多く、

坐骨神経の支配領域(お尻や太もも、ひざ裏、ふくらはぎ、すね)に

痛みやシビレ、灼熱感を訴えることがあります。

他にも排尿障害や排便障害がありますが、こういった重篤な症状の場合は

手術をすることが多くなります。

坐骨神経痛を引き起こす疾患としては

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、梨状筋症候群などがあります。

 

坐骨神経痛の原因・・・

年齢が若い場合では腰椎椎間板ヘルニアにより坐骨神経痛が起こることが多く、

高齢になると腰部脊柱管狭窄症によるものが増えてきます。

腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアも腰椎に異常が起きることによって

坐骨神経が圧迫されることで下半身に痛みやシビレを誘発してしまいます。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎(腰の骨)の間には椎間板というものがあります。

椎間板とは腰椎同士を繋げるクッションのようなものです。

この椎間板の中には靭帯の様な役目をしている線維輪と

その中に含まれるゼリー状の髄核と呼ばれるものがあり

線維輪の弱くなってしまった部分が膨らんでしまい神経を圧迫するものと

線維輪自体が断裂してしまい髄核が線維輪から脱出していまい

それが神経を圧迫するものがあります。

これらの原因により脊柱管の中を通っている神経を圧迫してしまい症状が出てきます。

腰椎椎間板ヘルニアを特定するテスト法はいくつかあり、テスト法により

どの部分でヘルニアが起きているのかを把握していくことができる場合もあります。

また腰痛が併発している場合はその部分で炎症が起きていることが考えられるため

そういった場合は悪化してしまうこともあるため、あまり動かさないことをオススメします。

この腰椎椎間板ヘルニアは度合いによって手術をしなければいけないものと

手術をせずに保存療法といってリハビリなどで改善をしていく形になります。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは脊柱管を構成する骨や椎間板、関節、靭帯などの変性や異常により

脊柱管が狭くなってしまい神経が圧迫された状態のことで、

50代を超えた年齢の方に多い疾患です。

腰部脊柱管狭窄症では間欠性跛行と呼ばれる特徴的な歩行障害があります。

間欠性跛行とはしばらく歩いていると足に痛みやしびれを生じ、

少し休むとまた歩けるような症状です。バス停の1区間を休みなく歩けなかったり、

10分以上続けて歩けなくなることもあります。

ほかに間欠性跛行が出る症状は閉塞性動脈硬化症(バージャー病)という疾患があります。

どちらの疾患も間欠性跛行は出てきますが、大きな違いとしては閉塞性動脈硬化症では

立ったまま休んでも再度歩けるようになりますが、腰部脊柱管狭窄症では

ベンチや椅子に座ったりしゃがみ込まないと痛みやしびれは引いてきません。

腰部脊柱管狭窄症では身体をまっすぐにしたり反らすよりは、

前に倒す動き(前屈)の方が楽になります。

そういったこともあり自転車に乗る分には症状は現れません。

梨状筋症候群

お尻の筋肉の一つに梨状筋というものがあります。

この梨状筋の内側には坐骨神経が走っています。

そして梨状筋が何らかの原因により坐骨神経を絞扼することによって、

坐骨神経痛が引き起こされてしまいます。

梨状筋は大きい筋肉ではなく、作用も股関節の外旋と大きい運動を司るわけではありませんが

非常に重要な筋肉の一つと言えます。

坐骨神経痛の症状

腰痛と併発することが多くあり、

坐骨神経の支配領域(お尻や太もも、ひざ裏、ふくらはぎ、すね)に

痛みやシビレ、灼熱感を訴えることがあります。

ふくらはぎのハリや冷感などの症状もあげられます。

坐骨神経痛の施術方法

めいほく接骨院での坐骨神経痛の施術方法は

その原因と考えられる場所に特別な電気施術をしていきます。

この特別な電気施術は広範囲につけていくことができ、

この電気施術を受けることで筋肉の弛緩や血流の改善、鎮痛作用が期待できます。

電気刺激が苦手な方でも比較的楽に受けて頂くことのできる電気となっております。

特別な電気施術に関しては専門ページを設けておりますので

よろしければ下記からご覧ください。

時にはホットパックで温めることにより神経痛を和らげることもございます。

そして骨盤矯正も併せて行うことでバランスを整えて

お身体の使い方を正しい状態に戻していき、痛みやしびれが出づらいようにしていきます。

→特別な電気施術

→骨盤矯正プログラム

 

めいほく接骨院の骨盤矯正はボキボキ・バキバキなどはせず、

ソフトに矯正をしていくのでご高齢の方にも安心して受けていただけます。

基本的にめいほく接骨院の骨盤矯正はお身体の反射を使って行っていきますので、

出来る限りリラックスして施術を受けていただくことで、

より良い効果が出やすいものとなっております。

他にも手技療法や運動療法を行っていきます。

どちらも患者様のお身体に負担がかかり過ぎないようにやらさせていただいております。

手技療法に関してはその日その日の状態を把握しながら、

お身体の状態を逐一チェックしながらやっていきます。

日によってお困りの症状なども違ってくることもあるかと思いますので、

何かあればお伝えいただけるのが一番良いかと思います。

運動療法に関しては一人一人のお身体の動きが悪い場所に対して、

筋肉を緩めた方がいいのか、それとも別の場所から遠隔的にアプローチするべきなのかなど

判断しながらお話もお伺いしながらやっていきます。

他にもお身体を動かしてみたり動かしていただいたりして、関節の可動域や

動き方を見ながらその状態ににあったものをやらさせていただきます。

またご自宅でもやれるような運動を指導させていただくこともあり、

こういったことはご協力いただける改善がより早くなりやすいものとなっております。

めいほく接骨院でご指導させていただく運動やストレッチなどは、

どれも必ずご自宅でやっていただけるものとなっております。

難しいことや分からないことや忘れてしまったなどあれば、いつでもお申し付けください。

いつでもお話しさせていただきます

目安料金・施術時間  

初回の施術に関しましては、お困りの症状やお身体のお悩みなどに関して

しっかりお話をお伺いいたしますので、60分程度お時間を頂いております。

お急ぎの場合や何かご要望などございましたら、ご予約の際にお申し付けください。

初回以降の施術の目安時間は30分~40分程度頂いております。

→アクセス・料金表はこちら

最後に…

坐骨神経痛と診断を受けて治療を続けているけど、

一向に改善が見られない方などもおられるかとは思います。

そんな方も改善はあきらめずに一度お身体をみさせてください。

きっとお身体の改善の一助になるかと思います。

症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 名古屋市東区大曽根 50代男性 坐骨神経痛にて来院

    坐骨神経痛、お尻から足にかけての痛みが強くなり めいほく接骨院へ来院されました。

    整形へ行っても鎮痛剤と湿布のみで痛みが和らぐのも一時的でした。
    朝起きて立ち上がるのもつらく、歩くこともままならない状態。。。

    身体の状態をみさせていただき、身体の歪みを良い状態にすると歩くときや起床時の痛みがでないほどまで回復しました。
    今は定期的に通院していただき、痛みのでにくい体づくりを行ってます!

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

 

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいています

  • 名古屋市港区 60代男性 腰の痛み(坐骨神経痛)

    腰が少し楽になりました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。