坐骨神経痛

  • シビレがおしりから足にかけてある
  • 動くとシビレがきつくなる
  • 足に力が入りにくい
  • 腰やお尻を触ると感覚がおかしい
  • 痛くて座っていられない

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは

腰椎と腰椎の間が狭くなってクッションの役目をする椎間板が坐骨神経を圧迫して下肢への痛みを出してしまう症状のことです。

坐骨神経痛は腰の骨から足の先まで伸びている神経がお尻の筋肉や足の筋肉などのどこかの部分で神経を圧迫し痛み・痺れなどの坐骨神経痛が発生します。

坐骨神経痛を引き起こす病気としては

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、梨状筋症候群などがあります。

坐骨神経痛の症状の出現は、様々です。

座っている時に出現することもあれば歩いている時に出現する場合もあります。

 

坐骨神経痛の原因

年齢が若い場合は腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると腰部脊柱管狭窄症が増えてきます。

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアも腰椎に起きてしまう異常によって神経が圧迫され下半身に痛みやシビレを誘発してしまいます。

 

腰部脊柱管狭窄症について

背骨は、身体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。

この神経が走っている背骨の隙間を脊柱管と言います。

腰部脊柱管狭窄症とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことで、50代を超えた年齢の方に多い疾患です。

脊柱管が老化などにより狭くなり、神経が圧迫され下肢に痛みやシビレが出て間欠性跛行と呼ばれる歩行障害が出る。

 

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、椎間板の中にある「髄核」と呼ばれるゼリー状のものが押し出され脊柱管の中を通っている神経を圧迫し、痛みやシビレが誘発されます。

 

坐骨神経痛の症状

お尻からふくらはぎにかけて鋭い痛みやシビレがあります。

ふくらはぎのハリや冷感などの症状もあげられます。

坐骨神経痛の施術方法

めいほく接骨院での坐骨神経痛の施術方法は

その原因と思われる場所に特別な電気施術をしていきます。

鎮痛効果と炎症を抑えます。

特別な電気治療は、専門ページを設けておりますので下記からお願いいたします。

時にはホットパックで温めることにより神経痛を和らげることもございます。

そして、骨盤矯正も併せて行うことでより効果が出やすくなります。

→特別な電気施術

→骨盤矯正プログラム

 

 

めいほく接骨院の骨盤矯正は、ボキボキ・バキバキせずにソフトに矯正をしていきますので、ご高齢の方にも安心して受けていただけます。

 

目安料金・施術時間  

目安時間は30分~40分、初めての場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金表はこちら

症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 名古屋市東区大曽根 50代男性 坐骨神経痛にて来院

    坐骨神経痛、お尻から足にかけての痛みが強くなり めいほく接骨院へ来院されました。

    整形へ行っても鎮痛剤と湿布のみで痛みが和らぐのも一時的でした。
    朝起きて立ち上がるのもつらく、歩くこともままならない状態。。。

    身体の状態をみさせていただき、身体の歪みを良い状態にすると歩くときや起床時の痛みがでないほどまで回復しました。
    今は定期的に通院していただき、痛みのでにくい体づくりを行ってます!

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

 

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいています

  • 名古屋市港区 60代男性 腰の痛み(坐骨神経痛)

    腰が少し楽になりました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。