株式会社めいほく接骨院の【原点】

2021年04月30日

柔道と接骨院の関わり

接骨院の先生は「柔道整復師」という国家資格になります。その名称の通り、柔道と深いかかわりがございます。

柔道の前身である柔術の技術は、「殺法」と「活法」に大きく分けられます。

殺法は、柔道としてスポーツに発展し、活法は、治療技術として発展し接骨院のルーツになります。

めいほく接骨院は、先々代の田中健造が大正時代から柔道に打ち込み、柔道場の片隅で施術をしていたのが始まりになります。

※写真:大正4年1月

※田中健造は、最前列左から3人目

 

※田中健造は、前列左から2人目

 

創業の精神

当時の日本は、今のように物心ともに豊かでなくケガをしてもすぐにお医者さんに診てもらうということがなかなかできませんでした。

そこで田中健造は柔道で培った柔道整復術で施術を行っていました。

お金がない方にも志だけでよいと言って施術をしていたようです。

自分にできることがあれば少しでも誰かのためになればという気持ちであったのだと思います。

まるで黒澤明監督の“赤ひげ先生”のような懸命さは、ルーツとしてめいほく接骨院グループにもしっかりと根付いています。

※昭和7年にこの建物が建てられ、昭和37年より2代目の田中建次へ田中接骨院を引き継ぎました。戦前から続く、めいほく接骨院のルーツがここに!!

※田中ほねつぎに改名し、上の写真の建物に建て替えられました。

※医療機器のアナログメーターが歴史を物語ってます!

 

三代目:田中雅大のストーリーとめいほくグループの紹介

高校2年生の時、柔道の練習中に腰部を負傷。腰椎椎間板ヘルニアを患い手術に至った経緯があり、医療や健康に興味を持ちはじめました。自らも接骨院という医療に魅力を感じ、平成13年柔道整復師となり平成20年めいほく接骨院北区上飯田院を開院させました。

現在は、名古屋市東区・北区・瑞穂区に3院を構えている株式会社めいほく接骨院。「東海№1の接骨院グループを作る」をビジョンに「痛みを出さない、繰り返さない体づくり」のため患者様への施術を行っています。

今までの伝統を守り、これからも接骨業を引き継いでいきます!

※田中接骨院からめいほく接骨院へ改名しDNA

 

患者様とのストーリー(50代、80代の方)

今もめいほく接骨院に受診される患者様の中で「お爺さんに診てもらったよ。」という方がいらっしゃいます。

【現在80代の男性の方】

当時は肘内障(肘の脱臼)で受診されたようです。そんな昔話を話しながら今は腰の治療にご来院いただいてます。私自身、祖父に会うことなく他界しているので何とも感慨深いものがあります。

 

【現在50代男性の方】

幼いころに腕を骨折して父親(田中建次)に診てもらったことがあると話してくれた患者様が先日いらっしゃいました。当時を懐かしそうに話してくれたことが、うれしく感じました。

 

接骨院の歴史

接骨院の技術は、701年「大宝律令」に骨や関節の施術をした記録があるようです。

平安時代には、日本最古の医書「医心方」にも施術をした記録があります。

江戸時代には、「正骨術」が柔術家に伝えられ一般的に広がったようです。

接骨院(柔道整復術)のもとは、柔術の「活法」と「正骨術」が融合し現在の柔道整復術が確立されたと考えられています。

1920年(大正9年)には、ついに「柔道整復術」という名称で国に認められ、第一回資格試験が行われました。

1989年(平成元年)には柔道整復師法の大改正により国家資格へと移行しました。

交通事故による【むち打ち症】などでお困りなら

2021年03月1日

【金メダリストもご用達の最先端の施術!根本改善を目的とした施術で、どこに行っても治らなかった痛み・ケガはお任せ下さい!】
 
(交通事故の怪我・むちうちは、自賠責保険適用の場合自己負担実質0円)
 
「マッサージに行っても良くならない」
「病院の検査では異常がないと言われるが痛みがある」
「骨格矯正をしても戻ってしまう」
「気持ちは良いけど、痛みが改善しない」
 
接骨院やマッサージ店に通っていた方から、そんな話を聞くことがあります。
 
めいほく接骨院では、痛みの根本原因を解決することと、人が本来持つ自然回復力を最大限発揮できることを目的とした施術を行っています。
 
◆骨格と深層筋を調整する独自の骨格調整法◆
 
オリンピック選手やプロ球団等トップアスリートが使用する最新機器
(オリンピック金メダリストの調整、読売巨人軍、なでしこJAPAN等に導入)
 
を組み合わせ、「深層筋」「神経」「筋膜」の状態を調整し、体が本来持っている自然回復力を最大限に引き出します。
 
「マッサージに行っても良くならない」
「骨格矯正だけしても痛みが再発する」
「交通事故の怪我を早期回復させ、後遺症を残したくない」
 
という方にこそ、受けていただきたい施術です。
 
<「むちうち治療協会認定」交通事故の怪我・むちうち専門治療>
 
当院の交通事故の怪我・むちうち治療は、通常自費診療では1回当たり3,240円~4,000円前後の専門的な施術方法となります。
(自賠責保険適用の場合は、自己負担実質0円でこれらの専門施術を受けることが可能です)
 
めいほく接骨院は、名古屋市北区・東区・瑞穂区で「むちうち治療協会」に認定された、交通事故の怪我の専門院でもあります。
 
レントゲンで撮影して異常がない場合でも、自覚症状がある方は捻挫や挫傷など筋肉や靭帯、神経などから症状が出ているケースもあります。
 
事故後の不調でお悩みの方や湿布や牽引、固定だけで不調が改善しない方は一度ご相談ください。
 
「めいほく接骨院公式ホームページ」
名古屋本院
 
北区上飯田院
 
瑞穂区桜山院
 
「名古屋交通事故治療ナビ」
 
※平日20時まで予約受付
(交通事故の怪我の場合21時まで予約受付)
 
「住所・TEL」
 
◆瑞穂区桜山院(桜山駅)
住所:名古屋市瑞穂区桜見町1-4
TEL:052-858-1922
 
◆北区上飯田院(上飯田バスターミナル1階)
住所:名古屋市北区上飯田通1-15
TEL:052-991-7751
 
◆東区名古屋本院(東区ナゴヤドーム前矢田駅)
住所:名古屋市東区大幸1-5-23
TEL:052-711-1459
 
※自賠責保険が適用されるのは、相手がある場合でこちらが被害者の場合を示します。事故日から長期間経過した場合は、認定されない場合もございます。また、加害者の方の場合でも任意保険の利用で0円で施術ができるケースもございます。もし、わからない点がございましたら当院へご連絡ください。法律に関わる内容につきましては、めいほく接骨院の顧問弁護士(大本法律事務所)へ連絡させて頂きますのでご安心ください!

コロナウイルス対策を実施し営業しております!

2021年02月28日

【めいほく接骨院では新型コロナウイルスの感染防止策を実施しております】

めいほく接骨院は保健所が管轄する医療施設に該当するため、

適切なコロナウイルス感染防止対策を行い、通常通り営業しております。

営業時間も通常通りになりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

めいほく接骨院のスタッフ全員がマスクを着用し対応させていただきますので、

予めご了承下さい。

 

【感染防止策】

①37.5度以上の発熱、咳などの症状がある時には

ご来院をお控えいただいております。

②ベッド周りは使用後に消毒液にて拭き取り

③スタッフ全員がマスクの着用

④1日複数回の院内換気の実施

⑤新型コロナウイルス感染症の方と濃厚な接触があった

患者様のご来院は控えていただいております。

 

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

当院施術者スタッフは、全員 国家資格保有者ですので衛生管理に徹底しております。

以下、当院での取りくみをお伝えいたします。

 

 

  

 

ご不便等おかけしておりますが、スタッフ一同皆様に安心して通院して頂けるように徹底して予防に努めております。

 

 

ご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

 

めいほく接骨院

総括院長 田中雅大