原因不明?膝の痛みとソーマダイン治療!

2013年10月18日

こんにちは!最近は少し風が冷たくなってきましたね。私もパーカーなど着て寒さをしのいでますので皆さんも体調崩さないように寒さ対策をしてくださいね!

さて今日は、変形性膝関節症Link についてお話しますね!

まず変形性膝関節症Link とはどういった病気かというと、膝関節の軟骨がすり減り関節炎を起こして痛みが生じる病気です。正常の膝関節の表面は、軟骨におおわれています。弾力性に富んだ軟骨組織は、衝撃を和らげり、関節の動きをスムーズにしてくれます。また、滑膜から分泌される関節液は、軟骨の成分の1つで、膝関節の動きをスムーズに動かす潤滑油と、軟骨の栄養の役割をしています。

初期の変形性膝関節症Link では、軽度の関節軟骨の摩耗が生じますが、自覚的な症状はほとんどありません。軟骨の摩耗が進むと膝の曲げ伸ばしや、歩行時にかかる膝の負担の増加および軟骨、半月板の変性による刺激により、関節炎が生じます。Link 関節炎では、可動域制限や関節水腫などが起こったりします。

進行気の変形性膝関節症では、軟骨の摩耗がさらにすすみ、骨が露出したり骨棘といった骨そのものの変性が生じます。このような状態になると、日常生活に支障が出て来てしまいます。

当院では、「ソーマダインLink 」といった電気治療機械を使った治療を行います。どういった機械かというと、人間は自然治癒力によってケガなど自分で治す力があります、実はその間に体には微弱な電流が流れているんですね。ソーマダインはその微弱な電流を人工的に流す事が出来ますので細胞の乱れを整えてくれ早く治してくれます。

あとは生活指導をしっかりと行わせてもらいます。日常生活では負担になる動きが非常に多いので一緒に負担になる動きをなくしていきましょう(^^)vまずはお気軽にお電話下さい。