当院の産後の骨盤矯正:骨盤の状態と施術法が他院と違う点をまとめました!―名古屋市東区大曽根、名古屋市北区上飯田

2014年07月30日

NONALNUM-gqvjg7Pjgqzjg6vjg7w-E

出産を終えたお母さん方こんな症状はありませんか?

・尾骨、恥骨の痛み

・産後の体型が戻らない

・産後の骨盤痛

・尿漏れがある

・産後の体重が戻らない

・産前のズボンがはけない

1つでも当てはまればすぐにでも産後の骨盤矯正を始めた方がいいですね。

女性にとって出産はもっとも骨盤に負担がかかる事です。

出産が近づくと妊娠後に女性ホルモン(靭帯を広げるホルモンのリラキシン)がではじめて、

5~6ヵ月頃くらいになると子宮が小骨盤から大きくせり出し

骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めます。

そして、出産を終えて骨盤まわりを緩めるホルモンの分泌が終了すると、

骨盤は元の形に戻ろうとします。

ですがこの時、変な体勢や無理な動きをしてしまうため骨盤が歪んできてしまいます。

骨盤が歪むことによりさらに痛みまで出てきてしまいますので身体の状態はどんどん悪くなっていくばかりです。

当院ではバキバキとした矯正は一切ありません

歪みはジワーと徐々に歪んでくるので治す時もジワーっと矯正する施術法を用いて骨盤に負担をかけないようになっているので

痛みなく矯正をおこなっていく事ができます。

産後の骨盤の状態が気になっているがどうしたらいいかわからない方はまず相談してみて下さい。

オフィシャルサイト【産後の骨盤矯正について】はこちらLink