正しい歩き方で肩こりがよくなる!?

2018年05月22日

こんにちは!!

名古屋市東区・北区から多くご来院いただいております、めいほく接骨院です(*^^*)

今回は、
肩こり』と『正しい歩き方』について書いていきます!!

肩こりについてですが、

昔、樋口一葉という大変有名な小説家がいました。
その中で初めてこれまでになかった「肩が張る」という言葉ができ、夏目漱石がその後「肩が凝る」という言葉を使ったと言われています。

肩こりは肩や首、背中が重くなったり痛みを伴う
不快感がある状態のことで、
原因はさまざまで筋肉の緊張、血行不良、
精神的な影響などがあげられます。

肩がこるということは個人が持ち合わせる感覚です。
その中には頸椎や肩関節(首や肩の骨や関節)またはその周りの筋肉など、
知らず知らずのうちに痛めていることが多いのです(>_<)

例えば、ストレートネックと呼ばれる症状です!!
ストレートネックは、頸椎の痛みや筋緊張からなるとされています。
このストレートネックの症状の中に肩こりや頭痛、
腕や手のシビレがあります。
ただ単に、肩こりと決めずに受診されることをお勧めします!!

次に正しい歩き方と注意です!

顎を少し手前に引いて背筋を伸ばす。
・肘を直角に曲げて前後に大きく蹴って歩く。
踵(かかと)から着地し、つま先を強く蹴って歩く。
深呼吸しながら、大股で歩く。
・歩く速さは、少し汗ばんで、息が弾む程度。
・歩く距離、時間は体力に合わせて少しずつ伸ばす。
・朝歩く場合は、起きて少し時間をあけて水分を摂ってから。
・食後歩く場合は、1時間ほど休んでから。
足にフィットした靴を、また靴下は厚手のものを。

はじめから無理せず体力に合わせて少しずつ行いましょう(^^♪

正しい歩き方が身につけば姿勢がよくなります。
そうすることで肩こりだけでなく腰痛軽減にもつながります。

まず趣味として軽く歩くなどしてみてはどうでしょうか。

また当院では骨盤矯正も専門で行っています!
姿勢の悪さが気になる方はお気軽にご連絡ください(^_^)/