肩こりの要因について

2018年07月19日

こんにちは!

 

名古屋市東区大幸・北区上飯田から沢山の患者様が来院いただいております名古屋市腰痛治療.comです!

暑い日が続いていますね…

35度を超える猛暑日が続いていますが熱中症対策はしていますか?

水分補給はもちろん、塩分や糖分もこまめに摂取しましょう!

辛いことばかりな猛暑日ですが、ちょっとした利点もあります。

それは「蚊」がおとなしくなることです!!(笑)

蚊は気温が35℃を超えると気温による体の影響を優先し、体力温存のため殆ど飛ばなくなります!

気温が上がり切らない朝、晩には飛んでいる可能性があるので対策はしっかりしておきましょう!

今回は肩こりについて書いていきます!

肩こりとは僧帽筋や肩甲挙筋といった肩の周りの筋肉が疲労し血流が悪くなった状態のことをさします。

血流が悪くなると筋肉の緊張が高まり、肩こりが悪化するという悪循環になります。

近年ではパソコンやスマートフォンの普及によって、眼精疲労や肩こりの症状が幅広い年代で多くなっています。

パソコンやスマートフォンを使う際、猫背など姿勢を崩しやすくなるのが大きな要因となっています。

良い姿勢を意識したり、長時間座った時は立ち上がるなど姿勢を変えるようにしましょう!

肩こり以外にも体に悩みがあれば当院まで!

予約はお電話で!

東区本院 052-711-1459

北区上飯田 052-991-7751