足関節捻挫の治療方法をご紹介!

2018年07月11日

こんにちは!!

名古屋市東区大幸、大曽根、砂田橋から多数ご来院頂いておりますめいほく接骨院です(*^_^*)

今日は左足首の内返し捻挫の患者様のご紹介です★

この患者様は、、、

・中学校2年生

・ラグビー部

・選抜候補

 

左足首内返し捻挫とは、、、

足首が内反といって足の甲が外側に向く状態へ強く捻った怪我です。

足関節の怪我では、一番多い怪我で逆側に捻じっておこる外反捻挫よりも圧倒的に多い怪我です。

通常内反するだけでは、靭帯が切れることは無いですが強く体重がかかった状態で内反すると、

その負荷に足関節の靭帯が耐え切れず靭帯の損傷が起こります。

 

 

治療内容☆

低周波電気治療で足関節外果付近にしっかりとアプローチを

あたえていきました。

この患者様は腸腰筋や大腿二頭筋がものすごくかたいので、しっかりと

ストレッチで柔軟性を出していきました。

それと並行に、足首の動きを良くするために前脛骨筋をマッサージで

ほぐしたりストレッチボードにのってもらい

足首の動きを良くしていきました。

再発防止のためには、、、

・練習前には足首をしっかりとまわして、動きを良くさせる

・練習後に痛みが出たらすぐにアイシングをする

・自分にあったスパイク、ランニングシューズをはく

 

約2か月間めいほく接骨院に通院されて、今日左足首は完治しました!

これからももっとご飯を食べて、デカくなって将来の五郎丸選手を

超えられるように頑張ってくださいね(^^)/

 

kotsujikochiryo.jp/wp/wp-admin/

名古屋市腰痛治療.com

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。