梅雨・頭痛・肩こりお悩みの方

2018年07月5日

 

こんにちは!

名古屋市東区・北区から多数ご来院

いただいております

めいほく接骨院です^^

梅雨真っただ中って感じですね。

東京は梅雨明けして晴れてるのに・・・・・。と

毎日の雨に嫌気がさしてます。(笑)

 

梅雨の時期は低気圧配置によって

副交感神経が優位になります。

つまり、身体がおやすみモードに入っているわけです。

なので身体がダル重かったり、やる気が出ないんです。

また、気圧の低い状態というのは

ヒスタミン(炎症物質・発痛物質)の分泌が多くなり、

肩こり、偏頭痛、腰痛などが酷くなる人もいるそうです。

☝お悩みの方たくさんいますよね。(-_-;)私もその一人です;;

湿度によって頭痛が出たり、運動不足になりがちな上に、

太陽の光を浴びる時間も少なくなるので、

メラトニンという体のバランスを整える

ホルモンも作られにくくなり

それが体に影響していることもあるそうです。

そんなときは!!

適度な運動★

体を動かすことによって精神を安定させる役割を持つ

セロトニン」という物質の分泌を促すことができます。

簡単なリズム運動(例えばウォーキングなど)だけでも

セロトニンが出るので、

梅雨時のだるさ解消に繋がります。

あとは食事や体を冷やさないことですね!

 

肩こりや頭痛は筋肉の緊張からもくるので

温かいお風呂に入って(38~40℃)

しっかりほぐしてあげることも大切ですよ♬

めいほく接骨院で使っている電気も筋肉をほぐし、

血流を良くする効果もあるので、ぜひ一度お試しください!

名古屋市東区 めいほく接骨院☝

痺れに悩んでませんか??坐骨神経痛は早めの治療を!

2018年06月10日

 

こんにちは!

名古屋市東区・北区から多数ご来院いただいております

めいほく接骨院です★!

今日も雨が降りそうですね!

お出かけの際は傘を忘れずに♬

 

坐骨神経痛とは・・しびれがおしりから足(太もも・ふくらはぎ)にかけあり、

腰を反ったり曲げたりするとしびれがきつくなるなどの症状が出ます。

原因として、腰椎と腰椎の間が狭くなって、クッションの役目をする椎間板がはみだしてしまうと、坐骨神経を圧迫して、坐骨神経痛がでます。

腰の骨から足の先まで伸びている神経なのでお尻の筋肉や足の筋肉などのどこかの部分で神経を圧迫し、痛み・痺れが発生します。

この症状でお悩みの患者様はとても多くいて、整形外科などに行っても

症状が改善されないままという方もたくさんいらっしゃいます。

当院ではプロテクノエグゼという電気治療と手技でアプローチしていきます!

また歪みなどのチェックも行い骨盤矯正を入れて治療をしていきます★

寝るときなどは横向きで足を曲げた状態で寝ると負担も少ないですよ♪

坐骨神経痛かもしれない・・・最近足がしびれて違和感があるなど

気になる症状がありましたらお早目にご相談ください!

私も座っているだけでも足のしびれや、朝足がつったり症状が出ます(´;ω;`)

プロテクノエグゼするだけでもかなり楽になるのでおススメですよ♪

 

また、お電話やラインからでも無料相談可能ですので

お気軽にお問い合わせください!!

★熱中症について★

2018年05月28日

こんにちは!

名古屋市東区・北区にありますめいほく接骨院です★

毎日暑い日が続いていますが

皆さんいかがお過ごしでしょうか???

水分しっかりとってくださいね(´ω`)

 

今日は熱中症対策について★

熱中症は初夏や梅雨明け・夏休み明けなど、体が暑さに慣れていないのに

気温が急上昇するときは特に危険です。無理せず、徐々に体を慣らすようにしましょう!

暑さに負けない身体作りが重要なポイント!

✔ 水分をこまめにとる

✔ 塩分を程よくとる

✔ 睡眠環境を快適に保つ

✔ バランスの良い食事 

熱中症を予防するためには、暑さに負けない体作りが大切です。

気温が上がり始める初夏から、日常的に適度な運動をおこない、

適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう(*´ω`)

 

ビタミンCやクエン酸、味噌などの豆製品(ビタミンB1)などを

バランス良く摂るのがおすすめです!★

 

今年は早い時期から暑いので夏が心配ですね(´;ω;`)

みなさん気を付けましょう♬!

早めの対処が大事なので、お出かけの際などはこまめに水分摂ったり

心がけてください(^^)/

 

 

運動も必要ですが使い過ぎには気を付けましょう。

2017年12月3日

こんにちは!

主に名古屋市東区と名古屋市北区から数多く来院して頂いているめいほく接骨院です。

今日も寒いですね(;^_^A

日曜日で家にこもるのもいいですが、外で運動などをして健康維持にも努めましょう。

 

今日は腸脛靭帯炎について紹介します

これは「ランナー膝」とも呼ばれ、腸脛靭帯と大腿骨外顆との間の摩擦によって発生します。

主にランニングなどの膝の屈伸動作の繰り返しによる使い過ぎが原因になります。

使い過ぎのほかには、過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因が加味されています

膝の外側に痛みが強くあり、運動をする際に痛みが強くなることがあります。

「腸脛靭帯炎」の画像検索結果

治療には主には安静にしていることです。

使いすぎが原因なので腸脛靭帯や周りの筋肉も柔らかくしていくことも必要になります。

ただし、マッサージやストレッチをやりすぎると、逆に身体が縮こまり固くなってしまうので注意が必要です。

めいほく接骨院では、痛みが早く治るためにソーマダインを使いながらマッサージしていきます。

使いすぎによって傷ついた組織に対して治りを促進しますので通常よりも早く治すことができます。

治療でよくなったとしても、走行距離を急に伸ばしたり、インターパルトレーニングなどのスピード練習のやり過ぎ、道路の同じ側ばかり走ることなどに気をつけなければいけません。

膝の痛みは起こりやすいので痛くなったら是非ご連絡下さい(^_-)-☆