腸脛靭帯炎

  • 膝の外側が痛くて走るのがつらい
  • 膝の曲げ伸ばしで痛みが出る
  • 階段昇降時に膝の外側が痛む
  • 下り坂を走ると膝の外側の痛みが増悪
  • 膝の外側の痛みが出たりでなかったり繰り返している

腸脛靭帯炎って何?  名古屋市東区・北区【めいほく接骨院・整体院】

その症状、一度なると繰り返すことがあります!

腸脛靭帯炎とは・・・

腸脛靱帯炎はランニングによる膝障害の代表です。

特にマラソンやランニングをしている長距離ランナーに好発します。

そのため、別名ランナー膝とも呼ばれています。

膝の外側に付着している筋肉の炎症から痛みを発生していきます。

マラソンやランニングを始めたばかりの人に多いという認識が一般的ですが、実はプロのランナー選手もこの腸脛靭帯炎で悩んでいる方は多いです。

腸脛靭帯炎の原因は・・・

腸脛靭帯炎は、膝の屈伸運動を繰り返すことによっての膝の使い過ぎが原因となります。

走る距離や量が増えることにより腸脛靭帯と大腿骨との摩擦が増えることや疲労の蓄積により

筋肉が硬くなることで関節への負荷がかかり炎症となって痛みにつながります。

走る場所やシューズが原因になることもあります!

一般の道路は水はけを良くするため端が低くなるつくりになっています。その道路の端を走っていたりすると身体の左右のバランスが偏り片方の足だけに負荷がかかってしまったりしてしまいます。

また、トラック競技者にも同様のことが言えます。必ず左周りで走行するからです。

左右のバランスの違いが症状を誘発させてしまいます。

練習は、なるべく平らな道や芝生のようなクッション性のある道を走ることをおススメします。また固い道路やアスファルトではなくラバーの上を極力走ることにより衝撃を抑えることも重要です。

また、走っている時の衝撃を和らげてくれるのに重要なのはランニングシューズのクッション性です。シューズの底が硬かったり、薄過ぎたりすると衝撃がもろに膝にかかるため痛みを引き起こしやすくなります。

腸脛靭帯炎の施術方法

左右のバランスを整える骨盤矯正

身体のバランスを整えることによって、左右の足にかかる負担を極力偏らないようにしていきます。そうすることで、長期的に腸脛靭帯炎になりにくい身体づくりをしていきますよ!

骨盤矯正は、ボキボキ・バキバキしませんので安心してください(^^)/

腸脛靭帯炎にも効果大の特殊電気治療

プロテクノEXEは、特殊な電気刺激により痛みを取り去ります。

プロテクノエグゼの特徴は、痛みを取るだけでなく同時に筋肉の再教育を行いますので予防もしていきます。

 

ソーマダインを使用した微弱電流治療もおススメです!

電気刺激が苦手な方にもご利用いただけます。

世界のトップアスリートたちも好んで利用している医療機器です。

テーピング・生活指導

テーピングは、とても有効です!

筋肉の働きをサポートする役割があり、負担を軽減してくれます。

痛みが治まるまでは安静にし、運動は休んで効果的な大腿部(太もも)のストレッチなどを指

導させていただきます。

痛みが治まってきてもまた無理をして運動をすると再発を繰り返してしまう可能性もありますので、出来る限り痛みが全くない状態にしてからの復帰をおススメしています。

腸脛靭帯炎の施術料金・施術時間

目安時間は30分~40分、初診の場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金表はこちらをクリック