ドケルバン病(腱鞘炎)

  • 親指を広げると痛みがある
  • 物を持つと痛みがある
  • スマホ操作で痛みが誘発される
  • 親指側の手首辺りに腫れがある
  • キーボード操作で痛みがでる

腱鞘炎の原因は

ズバリ

使い過ぎです!!

オーバーユーズともいわれます。

使い過ぎることによって、腱鞘に炎症が起き

痛みが出るということです。

そして

痛みだけにとどまらずバネ指やドケルバンという症状も引き起こすことがあります。

バネ指とは腱鞘が炎症を起こすことで肥厚し、指の関節の動きが悪くなる症状のことを言います。

ドケルバン病とは?

ドケルバン病とは・・・

ドケルバン病とは

手の親指の腱鞘炎です。

①短母指伸筋腱

②長母指外転筋

③腱鞘

が炎症を起こしている状態です。

 

ドケルバン病の原因は?

ドケルバン病の原因は大きく2つ挙げられます。

1つが使いすぎによるものです。

ゴルフやテニス、料理など手の小さな動きを必要とするものや

長時間手首を酷使するような場合に発症しやすくなります。

もう1つがホルモンバランスによるものです。

主に出産や閉経後に伴うホルモンバランスの崩れによるものが多くあります。

 

ドケルバン病を見分けるテスト法

母指を写真のように小指側に牽引したときに痛みが強くなることで見分けていきます。

フィンケルシュタインテスト変法

この状態で痛みが誘発されればドケルバン腱鞘炎の可能性が高いです。

ドケルバン病の施術方法

ドケルバン病の施術方法は

患部や前腕部分に特別な電気施術をしていきます。

ハイボルト治療ソーマダインがおススメです!

→特別電気施術はこちら

 

 

その後、前腕部の筋肉のストレッチや

血流改善のために背中~肩や腕などもしっかりとほぐしていきます。

ドケルバン病の施術料金・施術時間

目安時間は30分~40分、はじめての場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金表はこちら

症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 仕事でよく手を使う腱鞘炎:ドケルバン病

    仕事で手を使うことが多く、右手首に痛みを誘発し来院されました。

    施術内容
    ハイボルト施術(鎮痛効果が期待できる専用機器)
    前腕のマッサージ&ストレッチ

    日常生活においての指導をさせていただき、積極的に施術を行ったため2~3週間程度で症状が軽減しました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

 

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいています

  • 手首の腱鞘炎:ドケルバン病

    腱鞘炎でお世話になっています。仕事柄手を使うことが多いのですが、洗濯ものを干すときに痛みが強くなり通院させていただいております。何回か通って現在は初めより痛みが改善しています。腱鞘炎の痛みだけでなく肩こりも酷かったのですがそちらも電気とマッサージでほぐしてくれました。スタッフの方も丁寧に接していただき感謝です。こちらの接骨院はオススメです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。