不眠症・睡眠障害

  • 睡眠不足で疲れが取れない
  • 睡眠薬が手放せない
  • 夜寝れずに昼間に眠くなる
  • 夜に何度も起きてしまう
  • 寝つきが悪い

不眠症とは??

不眠症とは・・・

不眠症とは入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害などの睡眠における問題が

1ヶ月以上続き、日中に眠気や倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下などの

不調が身体的・精神的に出現してしまう病気です。

1:1ヶ月以上の長期にわたって睡眠に関する問題が続く

2:日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する、

という2つが認められたときは不眠症と診断されます。

日本では約5人に1人が不眠症で悩んでいると言われています。

女性に多く見られ、加齢とともに増加傾向にあります。

60歳以上の方では約3人に1人の割合で睡眠に関する問題に悩まされているそうです。

不眠症のタイプ・・・

不眠症には4つのタイプに分けることができます。

・入眠困難:寝ようとしても30分~1時間以上寝付けない

・中途覚醒:眠りについても夜中に何度も目が覚める

・早朝覚醒:朝早く目が覚めて再度眠れない

・熟眠障害:眠りが浅く、熟睡した感覚が得られない

以上が不眠症4つのタイプになります。

上記のものに当てはまっていて日中に精神的・身体的に不調を自覚しているようであれば

もしかしたら不眠症と診断を受けるかもしれません。

不眠症の原因・・・

不眠症になる原因は多岐にわたります。

また原因によってそれぞれ対処法も異なります。

・環境的要因:

枕や敷布団が変わったり、部屋の温度や湿度が高いもしくは低い、

外からの騒音や赤ちゃんの夜泣きなど、外から入ってくる光や部屋の明るさの影響など

・身体的要因:

高血圧や心臓病(胸が苦しい)呼吸器疾患(発作や咳)、腎臓病・前立腺肥大(頻尿)

アレルギー疾患(かゆみ)などの一見睡眠に関係しないような疾患もあります。

ほかにも睡眠時無呼吸症候群などの睡眠に伴って起こる呼吸異常や、

ムズムズ脚症候群(レストレスレッグス症候群)などの四肢の異常運動が出現するために

睡眠が妨げられる場合もあります。

・精神的要因:

こころの病気の多くは不眠症を伴います。

ほかにもストレスや緊張は安らかな眠りを妨げてしまいます。

神経質で生真面目な性格である人はストレスをほかの人よりも受けやすいため、

不眠症になりやすいようです。

・生活習慣の要因:

交代勤務制などの不規則な生活や、運動不足、アルコールやカフェイン、ニコチンなどの

摂取のタイミングや多量摂取、薬の副作用は不眠症になる要因として挙げられます。

不眠の対処法・・・

不眠症は様々な原因があるため、それぞれに応じた対処が必要になります。

それに加えて自分に合った安眠出来る方法を工夫していくことが効果的です。

代表例としては

・就寝・起床時間をある程度決める

寝に就く時間や起きる時間を一定にすることで体内のリズムも定まってきますので、

そうすることで睡眠もしっかり取れるようになることもあります。

・太陽の光を浴びる

人の体内の一日のリズムは25時間周期で動いています。

これを概日リズム(サーカディアンリズム)といいます。

1日は24時間なのでこれを調整するのが太陽の光になります。

毎朝太陽の光を浴びることで睡眠や覚醒のリズムが、整うので質の良い睡眠が得られます。

ほかにも太陽の光を浴びることによって、睡眠に関するホルモンの分泌が促されるため

太陽の光を浴びることは大事になります。

・適度の運動をする

程よい肉体的疲労は心地よい眠りを生み出してくれます。

さらに運動は午前よりも午後に軽く汗ばむ程度の運動が良いようです。

激しすぎる運動は逆に刺激になってしまい睡眠に悪影響を及ぼすようです。

・趣味に合わせたストレス解消法を作る

楽しく出来る趣味があることでストレスの解消につながり、

より良い睡眠を作ることが可能になります。

・寝る前にリラックスできる時間を作る

終わり良ければ全て良しとまでは言いませんが、

一日の最後にストレスを感じたり緊張した状態では良い睡眠を取ることが出来ません。

・深酒を避ける

副交感神経が優位になることが質の良い睡眠には重要になります。

アルコールを飲みすぎることで交感神経は刺激され続けてしまいます。

寝る前の飲酒は出来るだけ避けましょう。

・自分が眠りやすい環境を作る

眠りにくい環境ではリラックスをしきることが出来ません。

環境を整えることを意識してみましょう。

などがあります。

また眠れない日々が続くと「今日もまた眠れないのではないか」と不安になることもあり、

焦ることによって余計に眠れなくなることもあります。

他にも方法はありますので自分に合った対処法を探しましょう!

めいほく接骨院の不眠症の施術方法

めいほく接骨院では施術を通して患者様に心身ともに

リラックスしていただけるように心がけています。

手技療法や深層の筋膜調整ができる電気機器(プロテクノエグゼ)を使用したりすることで

自律神経を整えたり痛みによるストレスや筋緊張を緩和させて

不眠の原因を改善していきます。

不眠症の方では背中の筋肉の緊張が強いことが多く、そこの緊張がほぐれていくことで

寝やすくなることがあります。

手技療法では全体の筋肉の緊張を緩和させていきます。

全体的な筋肉の緊張が緩和されることでリラックスできるので、

睡眠の質が向上したり寝やすくなります。

プロテクノエグゼを使うことで背中一面の筋肉の緊張がほぐれやすくなります。

さらに筋肉を収縮させることができるので、血流が良くなり睡眠の質が向上します。

 

めいほく接骨院にご来院頂いた際はぜひともゆっくりしていってください。

不眠症だけに限りませんが、多くの場合で身体はリラックスした方がいい状態になりますよ。

不眠症の施術料金・目安時間

初回の施術に関しましては、お困りの症状やお身体のお悩みなどに関して

しっかりお話をお伺いいたしますので、60分程度お時間を頂いております。

お急ぎの場合や何かご要望などございましたら、ご予約の際にお申し付けください。

初回以降の施術の目安時間は30分~40分程度頂いております。

→アクセス・料金表はこちら

夜20時まで受付やってます!交通事故の施術に関しては21時まで受付対応

完全予約制なので、待ち時間ほぼゼロ!

駐車場5台完備

土曜・日曜・祝日も営業しています!

日曜・祝日は午前中のみの診療となります。

診療時間などが異なる場合があるため念のためお電話にてご確認ください。

最後に・・・

不眠症は意外と多くの方が悩まれている疾患です。

しかし多くの方は睡眠薬を飲むだけであったり、

能動的に何かに取り組まれる方はあまりいません。

しかし能動的に何かに取り組むことの方が、不眠症に効果的なことが多くあります。

適度な運動などはめんどうに感じるかもしれませんが

そういった方ほど、より効果的であることがあります。

ですが不眠症に対する能動的な取り組みとしてのまずは、

寝る前にリラックスできる時間を作ることや、自分が眠りやすい環境を作ること、

太陽の光を浴びることなどに取り組んでみてはいかがでしょうか??

簡単に出来ることから始めていって、

そこからステップアップしていくことをオススメいたします。

そうすることで新しい取り組みに対してストレスを感じることが弱くなるかと思います。

そうなると色々やっていただくこともできるかと思いますので、

色々なことにチャレンジしていきましょう!

何に取り組めばいいか分からないこともあるかと思います。

一度ご相談いただけるとその辺りもアドバイスをさせていただくことが出来るかと思います。