ゴルフ肘

  • ゴルフの後から肘が痛い
  • よくダフってしまう
  • ゴルフの練習量が増えた
  • 痛くてスイングができない
  • 日常生活でも肘が痛い

ゴルフ肘とは?

ゴルフ肘とは・・・

ゴルフを続けていると肘の痛みを感じることがあります。

これがいわゆるゴルフ肘(ゴルフエルボー)と言います。

ゴルフ肘は正式名称では上腕骨内側上顆炎といい

ゴルフを続けることにより肘の内側に痛みが出てしまうものです。

一度症状が出てしまう日常生活でも痛みが出てしまい

物を持つことが困難になることもあります。

ゴルフ肘の原因は・・・

無理なスイングを続けたりダフるなどで、前腕から上腕の筋肉にかけて疲労が蓄積されると

筋肉の付け根にある上腕骨内側上顆部(腱の部分)に過度な疲労が蓄積され

炎症を起こします。

痛みの部位が骨に近いため、ボールを打った時などの衝撃が

骨を伝わることで起きていると思われがちですが、主な原因は違います。

無理な打ち方や手先に力が入りすぎることによって

肘にかかわる筋肉が硬くなることが原因となります。

 

こんなゴルファーはゴルフ肘に要注意

・スイング時に肘が脇から離れすぎている

・手首でスイングしてしまっている

・手に過剰に力を入れてしまっている

・体の回旋運動を使わずに手打ちになってしまっている

 

ゴルフ肘の症状

まず、確認するのは肘の内側に痛み(圧痛)があるかどうかです。

※圧痛:押さえたときの痛み

ゴルフ肘の施術方法

ゴルフ肘の施術方法は、

まず熱感などの炎症があればアイシングをしていきます。

そして特別な電気施術をしていきます。

ソーマダインやハイボルト施術がおススメです!

→特別電気施術はこちら

 

また、テーピングで筋肉の補助をしていきます。

テーピングは筋肉とほぼ同じ伸縮性があるキネシオテーピングを使います。

このテーピングは張ったままで動かすことができ、

さらに筋肉の補助をしてくれることにより痛みが出づらくなります。

 

理学療法で十分疼痛は取っていけますので、しっかりと施術をしていきましょう!

ゴルフ肘の施術料金・施術時間

目安時間は30分~40分、はじめての場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金表はこちら

 

※土曜・日曜・祝日も営業しています!

※夜20時まで受付しております!

 

予防としましては、こまめな前腕のストレッチが有効です!

ゴルフの練習やラウンドが終わった後は、しっかりとケアしていきましょう!

症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 名古屋市東区 大曽根 40代男性(ゴルフ肘)

    月に2回ほどゴルフのラウンドをされる方です。
    毎回、ゴルフをした後に肘が痛むとのことで来院されました。

    施術内容
    専用機器による電気刺激
    前腕のストレッチ&マッサージ
    テーピング療法

    前腕の筋肉がとても固く、筋肉のけん引力により痛みが誘発されたと考えられます。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

 

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいています

  • ゴルフ肘の痛み 名古屋 大曽根

    土曜日にゴルフで肘を痛めてしまい、日曜日やっているところを探したところめいほく接骨院を見つけました。診察の時に原因やなぜ痛いのかなど丁寧に説明して頂き、安心して施術を受けられました。電気治療とマッサージをしたもらったのですが、電気治療に関しては効き目がすごく1回でほとんど痛みがなくなりました。
    今でも週1回ぐらいで通わせてもらっています

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。