腱鞘炎(肘・手首の痛み)

  • 持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると肘が痛む
  • ラケットを振ったり、スイングをすると肘が痛む
  • 指のしびれや手首に力が入りにくい
  • 手首を動かすと痛みが増す
  • 腱鞘炎だと言われた

腱鞘炎の原因は?

肘関節と手首の関節は一つの骨でつながっていることもあり、連動した動きが多くなりどちらかの関節や筋肉の状態が悪くなるとどちらの箇所も状態が悪くなることが多くあります。

つまり、腱鞘炎はどちらにとっても痛みの根本的な原因は前腕の強い張りにあるのです。

腱鞘炎で肘が痛むから肘の治療、手首が痛いから手首の治療というのを繰り返していてもなかなか改善しないこともよくあります。

このような状態が長く続くと、柔軟性や関節の可動域がさらに低下しなかなか改善しなくなってしまうことになります。

肘・手首の施術とは??

微弱電流治療器のソーマダインは、傷んだ細胞を修復し活性化させてくれます。人間は細胞組織が損傷すると体内に微弱な電流を流し自己修復していきます。ソーマダインはその微弱な電流を人工的に作り出し、損傷部位(腱鞘炎)の治癒を促進させます。

各プロスポーツ界でも様々な競技の選手が利用している最新治療器です。

また、テーピングやアイシングなどで腱鞘炎の炎症を早期に抑えたり、筋肉の補助をしていきます。

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるキネシオテーピングを使います。

このテーピングは張ったままで動かすことができ、さらに筋肉の補助をしてくれます。

また、テーピングを前もって貼っておくことが怪我の発生の予防にもなります。

腱鞘炎施術の料金・施術時間

目安時間は30分~40分、初診の場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金表はこちらをクリック