オスグッド

  • 成長期で膝が痛い
  • 膝下が腫れている
  • 部活動を始めたら膝が痛くなった
  • 運動をすると膝が痛くなる
  • 練習が激しくなった

オスグッドとは?

オスグッドとは・・・

オスグッドとは

小学生~高校生に発症するオーバーユース(使いすぎ)による

代表的な膝のスポーツ障害です。

成長期では急激に身長が伸び、骨も同様に成長しますが、

筋肉や腱や靭帯などの軟部組織は同様にはいきません。

身長や骨格だけが成長し大きくなり、筋肉などの成長が追い付かない結果として

筋肉が硬くなりやすくなり、オスグッドは発症しやすくなります。

正しい名前ではオスグッド・シュラッター病(Osgood-Schlatter disease)といい

アメリカの整形外科医のオスグッド氏とスイスの外科医のシュラッター氏が

同時期にこの症例を学会に報告したことからこの名が付けられました。

ジャンプ動作や方向転換動作、キック動作が多いスポーツ

(サッカー・バスケットボール・バレーボールなど)をやっている小中高生に好発し

部活動を始めたばかりの中学1年生や、上級生が抜けたタイミング、大会前で練習が

厳しくなったタイミングで発症したり悪化することが多いです。

部活動を始めたばかりや練習が厳しくなったタイミングでは、

まだその練習量に対しての筋力が弱く、

身体が練習についていけない状態であることがほとんどで、

その状態のまま練習を続けていくことで身体に負荷がかかりすぎてしまい、

オスグッド病は発症してしまいます。

オスグッドの原因・・・

ジャンプ動作や方向転換動作、急激なストップ、キック動作などの

膝を伸ばす力の使いすぎによって、ふとももの前にある筋肉の大腿四頭筋が硬くなり、

付着部位である膝のお皿(膝蓋骨)を上方に引っ張る力が強くなってしまいます。

そして膝蓋骨とふくらはぎの骨(脛骨)を繋ぐ膝蓋靭帯を介して

膝蓋靭帯の付着部(脛骨粗面)に引っ張られる力がかかってしまうことにより

炎症を起こして痛みとなってしまいます。

オスグッドは大腿四頭筋の硬さがなければ発症することはありません。

ですのでオスグッドになってしまう前にしっかりと

ストレッチやマッサージなどのケアを行っていけば発症するリスクはなくなっていきます。

したがってオスグッドになってしまう原因としては

ケア不足も大きなものとして考えられます。

オスグッドに限った話ではありませんが、オーバーユースや過度の練習によるケガは

ケア不足が問題となっていることが多くあります。

そういったことを未然に防ぐためしっかりとケアを行っていきましょう。

オスグッドの施術方法は?

オスグッドの施術方法は

第一に安静です。

オーバーユースによって発症してしまうため休ませることが非常に重要となります。

大会が近くて練習が休めないや、練習を休むとレギュラー争いに負けてしまう

などの理由で身体を休めることができないと、治りが遅くなってしまいます。

休まないとオスグッドが治らないというわけではありませんが、

痛みが出る状態で練習をすることによって、練習の質も落ちて

効率の悪い練習になってしまい、集中力も欠けた状態で練習を行うことで、

求める結果が出にくい状態になってしまうことも考えられます。

それを防ぐためにしっかりと休養を取るようにしましょう。

より早い復帰をするために、まず炎症を落ち着かせることが最優先になります。

炎症とは具体的に

発赤(患部の局所的な血流の増加による)

熱感(患部の局所的な血流の増加による)

腫脹(拡張した血管から血漿成分の滲出が起こり、患部に浮腫が起こるため)

疼痛(放出される発痛物質によるもの)

機能障害(痛めた部位が上記の原因により動かしづらくなる)

が起こっている状態を指します。

こういった兆候が見られた場合は炎症が起きている可能性が高く

これに対する処置を行っていきます。

もし炎症が起きていると考えられる場合は、あまり動かさないようにしてください。

動かしてしまうことにより痛みが強くなってしまったり症状が悪化する場合があります。

 

施術としてはまずアイシングで炎症を抑えていきます。

炎症が起きていると考えられる場合は基本的にアイシングを行っていきます。

アイシングはご自宅でも行っていただけますので

痛み熱感、腫れが強いうちはしっかり行うようにしましょう。

1回のアイシングにつき15~20分程度行うようにしてください。

連続でアイシングを行う場合は40分以上間隔を空けてから行うようにしてください。

これは皮膚の感覚を戻すためなので、40分以上はしっかり空けるようにしてください。

※ご自宅で行う際はビニール袋に氷を入れて少しだけ水を垂らしてください。

袋の中に空気が多くあるとしっかりと患部へのアイシングをすることができないため

できるだけ袋の中の空気を抜いてから封をして痛みがあるところに当てます。

 

特別な電気施術もおこなっていきます。

プロテクノエグゼやソーマダインがおススメです。

炎症が起きている状態の場合は主にソーマダインを使っていくことで自己治癒力を高めて

炎症反応をより早く抑えることに努めていきます。

炎症反応が大方落ち着き次第、プロテクノエグゼに移行していきます。

オスグッドは大腿四頭筋の緊張や硬さが痛みの原因となっているため、

プロテクノエグゼを使うことによって大腿四頭筋の緊張をしっかり取っていき、

患部の鎮痛作用も促していき、より早い競技復帰を目指していきます。

→特別電気施術

特別な電気施術のほかに手技療法やストレッチなどを行います。

手技療法では大腿四頭筋に直接アプローチしていくことはもちろんですが、

ほかの部分の筋肉もゆっくり身体に負荷がかからないように筋肉を和らげていきます。

そうすることで大腿四頭筋や膝周りの筋肉の緊張をしっかり緩めていき、

膝への負担を少しでも減らしていきます。

ストレッチはふとももの後面の筋肉(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)

ふくらはぎの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋)

股関節前面の筋肉(腸骨筋・大腰筋)

などの筋肉に対してしっかりストレッチをかけていき、

ふとももの前面の筋肉である大腿四頭筋へは、

膝に無理な負担がかからないようにしながらストレッチをかけていきます。

一人でもできる効果的なストレッチをお話しさせていただくこともあります。

ぜひともご自宅でも取り組むようにしてください。

オスグッドの施術料金・施術時間

初回の施術に関しましては、お困りの症状やお身体のお悩みなどに関して

しっかりお話をお伺いいたしますので、60分程度お時間を頂いております。

お急ぎの場合や何かご要望などございましたら、ご予約の際にお申し付けください。

初回以降の施術の目安時間は30分~40分程度頂いております。

→アクセス・料金表はこちら

夜20時まで受付やってます!交通事故の施術に関しては21時まで受付対応

完全予約制なので、待ち時間ほぼゼロ!

駐車場5台完備

土曜・日曜・祝日も営業しています!

日曜・祝日は午前中のみの診療となります。

診療時間などが異なる場合があるため念のためお電話にてご確認ください。

最後に・・・

オスグッドはしっかり治療をしないと再発してしまう恐れがあります。

再発→治療→再発→治療…を繰り返すことは非常にもったいないと感じます。

痛みを感じたらしっかり休養をとり

高いパフォーマンスで練習や大会に臨みましょう

 

スポーツを楽しくできるようにサポートさせていただきます。
一緒にがんばっていきましょう♪

症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 名古屋市東区 大曽根 オスグッド病 10代

    サッカーの練習中から膝に痛みが誘発されるようになる。

    施術内容
    鎮痛効果の期待できる電気施術
    大腿四頭筋のストレッチ&マッサージ

    痛みが治まってくるまでサッカーの練習は一時中止とし、安静指導も行いました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

 

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいています

  • 痛みが取れました!ありがとうございます!

    膝の痛みが取れました!
    ありがとうございました!

    ※この患者様は、サッカー部で活躍している方です。オスグッド病により脛骨粗面部に圧痛と運動時痛が著明でした。大腿四頭筋部の筋緊張も強く膝の屈曲時に疼痛増悪。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。