肩の痛み

  • 肩が痛くて物が持てない
  • 手が上がらない
  • 夜寝ているとシクシク痛む
  • 四十肩で悩んでいる
  • 痛くて髪がしばれない

四十肩・五十肩の原因は?

四十肩・五十肩とは・・・

四十肩・五十肩とはその年代に起こりやすい、肩関節が動かしにくくなる症状の総称です。

正しい病名としては肩関節周囲炎といい、肩関節の周囲にある筋肉や腱、靭帯、関節包、

滑液包などの軟部組織が加齢などの原因により変性し炎症を生じます。

経過として炎症期・拘縮期・回復期に分けられます。

炎症期

炎症期では炎症が起きているため四十肩・五十肩の中ではとても痛みが強い時期になります。

肩関節を動かさず何もしていなくても痛みを感じたり、

夜中に寝ていると痛み出ること(夜間痛)なども起こります。

これといったきっかけがあることがほとんどの場合で見られませんが、

痛みがとても強いためこの時期から動かすことが減っていきます。

拘縮期

拘縮期では強い痛みがある程度落ち着き、拘縮が見られます。

拘縮が起きると前に腕を上げる動きが90度未満になったり

身体の横に腕を上げる動きが90度未満になったりするなど肩関節の動きは大きく制限され、

日常生活で非常に困るような形になります。

回復期

回復期では肩関節を動かす際の痛みが減り、

可動域も90度までしか動かなかったものが100度になったりと、

徐々に可動域が改善していく時期になります。

この時期に積極的に施術をしていくことが重要になります。

四十肩・五十肩の症状

主な症状は肩甲骨~上腕にかけての痛みや動かしにくさなどです。

特に結髪動作(後頭部で髪を結むような動き)結帯動作(腰の後ろでヒモを結ぶような動き)

更衣動作、上にあるものを動かしたり取ろうとする動きなど日常生活での簡単な動作が

大きく制限され夜寝ていると痛みを感じたりすることもあります。

初期の段階では動かすときに若干重たいと感じる程度だったものが徐々に悪化していき、

痛みが強くなります。この時期から炎症が起きていることが考えられ、

夜寝るときなどに痛みを感じることなども増えていきます。

最終的には上にあるものを取れなくなったり、髪を結べなかったりするなど

肩関節に拘縮が起きてしまい、正常な肩関節の動きが出来なくなってしまいます。

肩関節の動きは通常では、肩甲骨・鎖骨・上腕骨が連動して動くことで滑らかに動きますが、

四十肩・五十肩の患者様ではこれらの動きが上手くいかず、

肩関節を正しく動かすことが出来なくなることが多く見られます。

肩関節の正しい動きの一つのとして肩甲上腕リズムというものがあります。

肩甲上腕リズムとは上腕骨を動かした際に肩甲上腕関節(上腕骨と肩甲骨の関節)

と肩甲骨が動く割合を示すもので、

通常は肩甲上腕関節と肩甲骨は2:1の割合で動くと言われています。

つまり上腕骨が90度動くときには肩甲上腕関節は60度動き

肩甲骨は30度動くことになります。

この肩甲上腕リズムが崩れると上手く腕を上げることができず、四十肩・五十肩では

肩甲上腕リズムが崩れていることがほとんどなため、その訓練もしていきます。

四十肩・五十肩の施術方法は?

四十肩・五十肩の施術方法・・・

四十肩・五十肩の施術方法は肩関節周りに特別な電気施術をしていきます。

四十肩・五十肩の場合は主にプロテクノエグゼを使用していくことが多くなります。

プロテクノエグゼは特殊な電気の波形により、深層の筋肉にまで働きかけることができるため

肩甲骨周りにある人の手では刺激を与えづらいインナーマッスルに対して

電気刺激を流すことで、動かした際の痛みを軽減させインナーマッスルを再教育し

肩関節が動く際にしっかりと筋肉を動かせるようにしていきます。

肩甲骨周りのインナーマッスルをしっかり再教育していくことで、

肩関節全体的に正常な動きを出していけるようにしていきます。

他にもハイボルトを使っていくこともあります。

ハイボルトは肩関節の動きを制限する原因の特定をしていったり、

肩関節の動き自体を滑らかにしていくことが出来ます。

電気の種類はその患者様一人一人の状況に合わせて変えていくため、

無理なくより効果的な施術を行っていきます。

→特別な電気施術はこちら

特別な電気施術のほかに手技療法や運動療法、ストレッチを行います。

手技療法では肩関節の動きに関する筋肉の緊張を取り除き、痛みが出づらいようにします。

緊張が取り除かれることによって動かす際の不快感が減ったり、

動かしやすくなることがあります。

めいほく接骨院の四十肩・五十肩の施術では運動療法がとても重要となります。

四十肩・五十肩は肩関節を動かそうとすると痛みが出てしまうことが主な症状となるので、

これに対して直接介入していきます。

肩関節は球関節といって人体で最大の可動性があり、動きの方向は非常に多い関節です。

なので肩関節の可動域を改善させる際は一方向のみの運動ではなく、

多方向への運動が必要になります。

さらに肩関節の動きは上腕骨と肩甲骨のみで行われるわけではないので、

肩甲骨の運動や鎖骨の運動が問題なく行うことができるようにアプローチしていきます。

肩関節の運動をする際は他動運動と抵抗運動をメインに行います。

他動運動とは施術者が患者様のお身体を動かす運動で、

抵抗運動とは患者様が動かす際に施術者が抵抗をかける運動のことを言います。

他動運動では関節の動きを出していくことで筋肉の再教育やストレッチを行います。

そうすることで肩関節を動かす際の痛みがなくなったり、可動域が改善していきます。

抵抗運動は患者様の筋肉をしっかりと動かしていくため、可動域の改善に大きく関与します。

症状によってどの可動域の訓練が必要かは変わってきますので、

その患者様に合った運動を行っていきます。

可動域があまり出せていない状況でストレッチを行うことは厳しいため、

可動域がある程度改善してきた段階で取り入れていきます。

ストレッチは関節の可動域を改善していくには、効果的な方法になります。

効果を出せるようになり、ご自身でもやっていただける範囲まで動かせるようになれば、

運動の一部として取り入れて頂けるようにこちらもご指導させて頂きます。

 

まためいほく接骨院での施術のほかにもご自宅でやっていただける運動を

ご指導させていただくこともあります。

患者様一人一人の環境や状況に合わせてご自宅でもやっていただくことができる

効果的な運動をお話させて頂きます。

一度お話させて頂くだけですと、覚えきれない部分や上手くいかないことも

あるかと思いますので、その際は遠慮なさらずご相談ください。

可動域が改善してきたら運動の種類を変えていき、

効果があり飽きが来ないようにしていきます。

四十肩・五十肩の施術時間・施術料金 

初回の施術に関しましては、お困りの症状やお身体のお悩みなどに関して

しっかりお話をお伺いいたしますので、60分程度お時間を頂いております。

お急ぎの場合や何かご要望などございましたら、ご予約の際にお申し付けください。

初回以降の施術の目安時間は30分~40分程度頂いております。

→アクセス・料金表はこちら

夜20時まで受付やってます!交通事故の施術に関しては21時まで受付対応

完全予約制なので、待ち時間ほぼゼロ!

駐車場5台完備

土曜・日曜・祝日も営業しています!

日曜・祝日は午前中のみの診療となります。

診療時間などが異なる場合があるため念のためお電話にてご確認ください。

最後に

四十肩・五十肩はすぐに治る症状ではありません。

しかし日常生活で必要な動きを制限してしまうため、大きなストレスになりやすい症状です。

早めに施術をしていくと早く改善していくため、

四十肩かな?と思ったら早めに施術をしていきましょう。

症例 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

  • 名古屋市東区大曽根 50代男性 五十肩(肩関節周囲炎)

    急に肩が上がらなくなり、服を着替えるのも辛いとお悩みで来院されました。

    重いものも仕事上よく持つため早く良くしたいとのことでした。

    ソーマダイン(電気施術)で細胞の活性化を促し、肩の可動域訓練を行い、上半身の筋肉を緩める手技で徐々に良くなってきました。

    90度ぐらいまでしか上がらなかった肩が、耳の方まで上がるようになりました。
    好きなゴルフも痛みなくできているようです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | 名古屋市東区 めいほく接骨院名古屋本院

 

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいています

  • 名古屋市東区ナゴヤドーム前矢田 30代男性 肩の痛み

    “肩が痛い”その時にエグゼを 紹介してもらいました。 初めてだったので不安だったけど スタッフのみなさんのおかげで 安心してできました。 電気は今までと違って、中まで 入ってきてビックリ!!したけど 今は慣れました。 ホント楽になりました。これからも 続けたいです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。