ストレッチ

  • 身体が硬くなってきた
  • 身体が重たい
  • 運動をしていて怪我しやすい
  • 正しくストレッチ出来ているか分からない
  • 体を伸ばしてリセットしたい

ストレッチとは

ストレッチは体の筋肉(骨格筋)を伸ばすことによって良好な状態にすることが目的になります。

ストレッチをすることによって、筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げる以外にも、呼吸を整えたり、精神的な緊張を解いたりするなど心身のコンディションを整える効果もあります。

皆さんも運動の時などでストレッチをすることがあると思いますが、正しいストレッチを習得しませんか?

 

ストレッチには目的によって

・静的ストレッチ(スタンティックストレッチ)

・動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)

・バリスティックストレッチ

・パッシブストレッチ

・アイソメトリックストレッチ

に分かれます。

ストレッチをすることでどのような効果を得たいかによってやり方や伸ばす筋肉が変わってきます。

静的ストレッチ(スタンティングストレッチ)

静的ストレッチは筋肉をゆっくりと伸ばすことで、可動域を広げることを目的に行われます。

筋肉を伸ばすストレッチの中で通常の可動域を超えて筋肉を伸ばすストレッチを静的ストレッチといいます。

以前は運動前に行うことでケガの予防や筋肉を緩めることでパフォーマンスを発揮に効果があると言われていました。

しかし、現在では専門家では静的ストレッチがケガの予防やパフォーマンス向上のエビデンスはなく、むしろ垂直飛びやランニングなどを中心にパフォーマンスの低下が見られるとも言われています。

逆に静的ストレッチは運動後に行うとよいと言われています。

また静的ストレッチは「ゆっくりと」伸ばすことが重要になります。

反動など急激に筋肉を伸ばされると脊髄反射の一つである伸張反射が起こり筋肉が収縮します。

そのため静的ストレッチにおいて急激に筋肉を伸ばすことは逆効果となるため避ける必要があります。

 

動的ストレッチ

動的ストレッチは運動前に心拍数や血流を増加させて体温を高めることで運動のパフォーマンス向上やけが防止などを目的に行います。

静的ストレッチとは違い、伸ばすのではなく可動範囲内で腕を回したりなど四肢の運動を行います。

代表的な例としてはラジオ体操第一などがあげられます。

 

バリスティックストレッチ

バリスティックストレッチは動的ストレッチと似ていますが、動的ストレッチと違い通常の可動域を超えて反動をつけ弾むような動作で筋肉を伸ばします。

バリスティックストレッチでは伸張反射が起こりやすいため怪我につながる可能性が指摘されます。

 

パッシブストレッチ

パッシブストレッチは静的パッシブストレッチとも呼ばれ、通常の可動域内で筋肉を伸ばすストレッチになります。

運動後のクールダウンに適していると言われています。

 

アイソメトリックストレッチ

アイソメトリックストレッチは等尺性運動の一種で、体の動きを伴わないという意味では静的ストレッチに含まれますが、その中でも筋肉の長さと関節の角度を変えずに筋肉を緊張・弛緩させるストレッチを言います。

めいほく接骨院のストレッチ

体の痛みの原因の多くは、筋肉の緊張によって血管や神経を圧迫し痛みやコリが発生します。

めいほく接骨院では主に筋肉を伸ばす静的ストレッチやパッシブストレッチをやっていきます。

また院内での施術以外に、症状によっては家で自分でもストレッチを行うことを推奨しています。

身体の悩みの原因となる筋肉は患者様一人一人違います。

またストレッチのやり方に決まったやり方はなく、体の状況や環境によっては行うのが難しい動きのやり方もあります。

そのため、その人に合わせたやり方でストレッチの施術・指導を行います。

ストレッチは続けることで様々な効果が期待できますが、やる際には注意が必要となり場合によっては怪我のもとにもなります。

正しいやり方で無理なくやっていきましょう!

 

自宅でできるストレッチ