TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

  • 物を持つと手首に痛みがある
  • 家事をしていると痛みがある
  • ボールを打つのをためらうほどの痛みがある
  • 手に上手く力が入らない
  • 手首の小指側を押すと痛い

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷について

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体)とは・・・

TFCC(三角線維軟骨複合体)は手首の小指側に存在する軟部組織で、この軟部組織が何らかの原因で損傷することにより発症します。発症すると日常生活の軽微な動作で痛みが出ることもあり、放置をしても治りづらい症状です。

TFCC損傷の原因は?

転倒して手を着いた際や、テニスやバドミントン・野球などのスポーツで痛めてしまうことが多いです。また、重たいフライパンなどを不適切な持ち方で使用し続けるような場合にも、TFCC損傷が引き起こされることがあります。加齢に伴い靭帯・軟骨が変性し、損傷しやすくなります。

(画像引用)一般社団法人 日本手外科学会 TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷

図のようにドアを開ける動作でも痛みが誘発される場合がございます。

 

TFCC損傷(手首の痛み)の施術

 施術方法

痛めたばかりの時期はまず炎症を落ち着かせることが最優先になります。

アイシングをしっかりしながら炎症を取っていきます。

特別な電気治療としてソーマダインハイボルトを使用します。

 

 

→特別電気施術はこちら

炎症が治まり次第、関節の動きを改善させていきます。

関節は安静にして動かさないと動きが悪くなってしまいます。これを改善させるにはリハビリが必要になります。当院ではAKA療法や手技療法を行います。基本的には、痛みが出る施術は一切ありませんのでご安心ください。

(参考文献)日本医事新報社 三角繊維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)中村俊康 (国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授/山王病院整形外科部長)

 

TFCC損傷の施術時間と料金目安

目安時間は30分~40分、はじめての場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金表はこちら